Jリーグ昇格を目指す社会人サッカーチーム「おこしやす京都AC」

代表を務めるのは東京大学出身で元Jリーガーという異色の経歴を持つ添田隆司社長です。

今回は添田隆司社長の経歴をご紹介したいと思います。

出資高校や気になる年収についても調査してみました!

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

添田隆司社長(おこしやす京都AC)の経歴!

添田隆司 社長 経歴 東京 大学 出身 高校 どこ 年収 おこしやす京都AC

画像引用元:https://tech.nikkeibp.co.jp

  • 名前:添田隆司(そえだ たかし)
  • 生年月日: 1993年3月15日
  • 年齢:25歳(記事執筆時)
  • 出身地:東京都
  • 身長:170cm
  • 体重:69kg
  • 大学:東京大学 経済学部経済学科 卒業

2015年に東京大学を卒業後、Jリーガーとしてデビューした添田隆司社長。

東大生Jリーガーは久木田紳吾選手に次いで史上2人目という快挙となっています!

 

ちなみにはじめからJリーガーを目指していたわけではないようです。

一時は他の学生同様就職活動をしており大手総合商社の「三井物産」から内定をもらっていました。

 

ただ最後の大学生活とサッカーを楽しんでいた大学4年生の冬に運命を変える出来事が起こります。

藤枝MYFCの練習に参加した際、選手兼社員として入団の誘いを受けたのです。

 

添田隆司さんはかなり悩んだそうですただ

 

  • 社員としても仕事することで社会人としてキャリアを積むことが出来る
  • Jリーガーになるチャンスは今しか無い

との思いから、誘いを受ける決断を取ります。

 

幼稚園のころからサッカーをやっていて高校時代に所属した「横河武蔵野FCユース」では全国大会にも出場しています。

東京大学ではサッカー部で主将を務めていた添田隆司さん。

 

サッカーに対する思いはかなり強いことは容易に伺いしれます。

それでも三井物産社員という安定の道を蹴るということは並大抵の決断ではなかったと思います。

 

三井物産の平均年収は1,213万円ともいわれていますからね。

三井物産の平均年収は1,213万円/平均年齢42.4歳です。

https://gaishishukatsu.com/company/38/salaryより引用

 

一方でJリーガーの平均年俸は約2100万円とされています。

そこまで金額差がない上、Jリーガーは怪我でもしたら選手としての収入も途絶える可能性が高いですよね。

 

この状況でJ3のチームからの誘いに乗るのはある意味人生の賭けだったのではないでしょうか。

実際添田隆司社長もインタビューでその時の決断について

最後は直感でしたが、人生最大の決断でした。

https://tech.nikkeibp.co.jpより引用

と語られています。

 

夢の実現のため決断をされた添田隆司社長は本当に素晴らしいですね!

 

藤枝MYFCでは2015年から2017年までプレイ。

10試合に出場するも残念ながら選手としては大きな活躍をすることは出来ませんでした。

 

2017年8月にアミティエSC京都(現:おこしやす京都AC)へ移籍し2017年12月に現役を引退しています。

その後2018年7月にスポーツX株式会社の取締役に就任。おこしやす京都AC株式会社の代表として経営の舵をきることになっています。

 

東大で経営学を学び、実際Jリーガーとしてもプレイされた添田隆司社長が今後どんな事をやってくれるのか楽しみですよね!

添田隆司は東京大学卒!出身高校はどこ?

添田隆司さんは東京大学を卒業されていますが、出身高校はどこなのでしょうか?

 

調べてみたところ

「筑波大学附属高校」

を卒業されていました。

 

国立の付属高校で進学校としても名門としてしられていますよね。

 

ちなみに添田隆司さんは小学生のころから筑波大学附属小学校に通っていました。

中学高校とそのまま内部進学をされています。

 

国立付属の小学校に通っているところからするとご両親はかなり教育熱心だったのではないでしょうか。

もしかしたらご両親は三井物産への入社を望んだかもしれませんね。

スポンサーリンク

添田隆司の年収は!?

添田隆司さんの気になる年収ですが当然ながら公表されていませんでした。

また所属しているスポーツX株式会社に関しても年商の公表はされていません。

 

ただ資本金に関しては確認が出来ました。

 

3億2444万円(2018年9月30日現在)

http://www.sportsx.jp/about/より引用

 

資本金が3億円以上もあるため中小企業のレベルは超えた企業です。

そこで取締役を務めているとなればかなり高年収かと思われます。

 

産労総合研究所の調べでは会社取締役の平均年収は「1556万円」というデータが出ています。

添田隆司社長もこの平均と同程度の年収かもしれませんね。

三井物産の平均は超えていそうです。

最後に

東大卒の元Jリーガー添田隆司社長について取り上げてみました。

異色の経歴を生かしてスポーツ界を盛り上げていって欲しいですよね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク
Pocket