大阪の名門履正社高校で、エースナンバーを背負っている清水大成投手。

第91回センバツ高校野球では、注目のサウスポー投手で、ドラフト候補としても名前が挙がっています。

 

そこで今回は、清水大成投手のドラフト評価をはじめ、フォームや球速、変化球の球種など調べてみたいと思います!

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

清水大成(履正社)のドラフト評価は!?

まずは清水大成投手が、どのような評価を受けている投手なのか気になりますよね?

そこで、ドラフト候補として名前が挙がっている清水大成投手の評価を調べてみました!

 

プロのスカウトからの評価としては、現在のところソフトバンクの評価のみとなっています。

ソフトバンクのスカウトは

『上から叩けるので、体ができれば、球速はもっと出るのでは?』

と評価されています。

 

上から叩けるという表現は、腕の振り方のことを表しているのだと思います。

 

まだ若干線が細いイメージがあるので、プロの世界で活躍するには、一回りほど体を強化する必要はありそうですね。

ただ、逆に言えば線が細いというイメージ以外は、問題ないと受け取れそうです。。

 

そう考えると、清水大成投手の投球自体は、高評価されていると考えていいと思います。

まだドラフトまでには期間があるため、プロのスカウトからの評価はあまり上がっていませんでした。

ただ、注目の左腕という評価には変わりがないのでセンバツでの出来次第では、一気にドラフト評価も上がる可能性があると思います!

清水大成投手のフォームは?

では、清水大成投手の投球フォームについて調べていきましょう。

清水大成投手は、2年生の夏休みに、社会人チームのJR東海へ武者修行に行く機会があったようです。

 

そしてJR東海の指導者の方に、投球フォームの指導を受けたとのこと。

その投球フォームが現在の投球フォームとなります。

 

清水大成投手の投球フォームは、ノーワインドアップから流れるように右足を上げて、力強い腕の振りが印象的です。

右足を高く上げてから、一度タメを作るように右足を一瞬止め、そこから体重をしっかりと右足に伝えています。

 

この右足を高く上げてから、一度タメを作る投球フォームが、清水大成投手の力強い投球に繋がっているのではないでしょうか?

 

そして力強い腕の振りが、ソフトバンクのスカウトからも評価されているところだと思います。

清水大成投手の投球フォームを見たところ、特に気になる点は見当たらなかったですね。

おそらくJR東海で投球フォームの指導を受けたのが、清水大成投手にとっては非常に大きかったのでしょうね!

清水大成投手の球速は?

では清水大成投手の球速はどうなのでしょうか?流れるような投球フォームから、力強い腕の振りが印象的な清水大成投手。

球速もかなりのものなのではないでしょうか?

 

清水大成投手の球速を調べたところ、MAXが145km/hとなっています。

投球フォームを改善する前は、MAX130km/h台だったとのことなので、投球フォームの改善は急速に大きな影響をもたらしたと言えます。

 

一方で清水大成投手の平均球速は、130km/h後半から140km/h前半となっています。

甲子園に出場する投手の中では、球速がMAX150km/h台の投手も数人います。

そう考えると、清水大成投手の球速は、平均から少し上といったところでしょうね。

 

ただ、球速に関してはまだ伸びしろがあると思うので、MAX150km/h台の球速も夢ではないと思いますよ!

清水大成(履正社)の変化球の球種は?

続いて清水大成投手の変化球の球種について見ていきましょう。

清水大成投手の変化球の球種は、2種類のスライダー、カーブ、カットボールの4種類と言われています。

変化球の球種としては、一般的な球種と言えるでしょう。

 

元々は2種類のスライダーとカーブの3球種だったのですが、2年夏からカットボールを変化球の新たな球種として取り入れたようです。

 

手元で少し変化するカットボールは、コントロールの良い清水大成投手には、非常に有効的な変化球だと思います!

 

ちなみに清水大成投手は、履正社入学時はあまりコントロールの良い投手とは言えませんでした。

 

そのため、大阪桐蔭戦でリリーフ登板した時は、1アウトも取れずに降板したという苦い経験があります。

それがキッカケとなったのか、清水大成投手は努力されたのだと思います。

 

今となっては制球に苦しんでいたとは思えないほど、非常にコントロールの良い投手という評価となっています。

制球が安定したから、新たな変化球としてカットボールという球種を取り入れたのかもしれませんね!

最後に

今回は名門履正社高校のエースナンバーを背負っている、清水大成投手をピックアップしました!

 

清水大成投手のドラフト評価はまだまだ情報が少ないですが、かなり高い評価と言えそうです。

投球フォームを変えたことで球速が高まったそうで、今後が楽しみですよね!

変化球の球種も増えてきているので完成度を高めることでかなりの武器となりそうです!

 

プロの世界で活躍するためには、もう少し球速がほしいところでもあります。

甲子園での活躍次第では一気に評価が高まるかもしれないですね!

注目のサウスポー投手、清水大成投手の活躍に期待しましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク
Pocket