2019年のドラフト候補として注目を集めている、智弁和歌山の東妻純平選手。

今回は東妻純平選手のドラフト評価をはじめ、兄でロッテにドラフト指名された東妻勇輔選手や父親についても紹介したいと思います!

兄弟揃ってのプロ野球選手の可能性はあるんでしょうか!?

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

東妻純平(智弁和歌山)のドラフト評価!

東妻純平選手は、智弁和歌山に入学してから捕手に転向されています。

中学時代までは遊撃手や外野手をされていました。

ただ、遠投125メートルの強肩を、智弁和歌山の高嶋監督が高く評価し、捕手への転向を提案されたようです!

そのため、東妻純平選手は捕手歴2年にも満たないということになります。

それでも名門智弁和歌山の捕手としてレギュラーで活躍しているというのは、非常に凄いことだと思います!

そんな東妻純平選手は、2019年のドラフト候補として名前が挙がるほど、注目されている選手の1人です。

そこで気になったのが、プロのスカウトによるドラフト評価です。

一体、東妻純平選手はプロのスカウトからどんな評価を得ているのでしょうか?

 

プロのスカウトの評価を調べてみたところ、現在のところは目立ったコメントは挙がっていないようですね。

おそらく、ドラフトまでにはまだもう1年あるので、プロのスカウトも評価はしているものの、コメントまでは出していないのではないでしょうか?

あまり早くに評価を出してしまうと、他のスカウトも注目してしまいますからね(笑)。

東妻純平の長所は強肩と送球タイム!

現時点ではプロのスカウトの評価は確認出来ませんでしたが、東妻純平選手は捕手としての評価が高いと言われています。

遠投125メートルの強肩が注目を集めがちですが、二塁への送球の速さも高く評価されています!

東妻純平選手の二塁への送球タイムは、平均で1,9秒台で最速が1,84秒と言われています。

ちなみに”甲斐キャノン”で、一躍時の人となったソフトバンクの甲斐拓也捕手は、最速1,74秒と言われています。

他の捕手だと1,8秒から1,8秒台前半となっています。

そのため、東妻純平選手の二塁送球タイムは、すでにプロ並みだと高い評価を受けているんです!

この二塁送球タイムについて、強肩をピックアップされている方が多いですが、強肩だけではこのタイムは出せません。

捕球からスローイングの速さがなければ、このタイムは出すことができないでしょう!

なので、東妻純平選手は強肩だけという認識は間違いだと思います!

捕球からスローイングまでの一連の流れに、注目してもらいたいですね!

 

あとは、どれだけ正確なスローイングができるかでしょう。

甲斐拓也捕手があれだけ盗塁を阻止できるのは、正確なスローイングが常にできているからだと思います。

どれだけ強肩でも、二塁までの送球タイムが速くても、正確なスローイングなくしては、盗塁を阻止することはできないですからね!

これができれば、ドラフトの評価も今以上に上がると思います。

東妻純平の打撃の評価は?

捕手としての評価はわかりましたが、東妻純平選手の打撃の評価はどうなのでしょうか?

実は東妻純平選手は打撃の実力も高く評価されています。

体は小柄なものの、ホームランを打てるほどの打撃センスを持っています!

ただ、持ち味としてはホームランといった長打よりも、安打製造機のような高打率だと思っています。

大会によっては、打率5割を誇っていたこともあるほど、打撃センスがあるんです!

春のセンバツ甲子園でも、3割以上の打率をマークしています。

打撃センスはあるものの、やはり体格面がプロのスカウトからは、低評価に繋がっているのかもしれませんね。

もう少しパワーを付けられれば、打撃面でも十分に評価される選手だと思っています。

兄の東妻勇輔はロッテのドラフト2位!

東妻純平選手には、5歳年上の兄がいます。

兄は東妻勇輔さんです!

 

実は2018年度のドラフトで、ロッテから2位指名を受けたプロ野球選手なんです!

兄の東妻勇輔投手は、MAX155km/hを投げる投手で東妻純平選手と同じ、智弁和歌山高校出身です。

兄の東妻勇輔投手は、2年の秋から智弁和歌山でエースを任されたものの、甲子園の舞台では活躍できませんでした。

 

そのため、高校卒業時にはドラフト指名されることはなく「日本体育大学」に進学されています。

日体大では2年の春から投手として出場し、4年生まで投手として活躍されました!

その活躍が評価され、2018年度のドラフトでロッテから2位で指名され、念願のプロ野球選手の仲間入りを果たしたんです!

兄の東妻勇輔投手も身長170cm、体重76kgと小柄なのです。

それでも150km/h以上のストレートを投げていますからね!

 

持ち味はそのストレートと『身長で負けても野球では負けている気はしない』とコメントするほどの、強気な性格ではないでしょうか?

東妻純平選手の現在の目標は、兄の東妻勇輔投手とプロの世界でバッテリーを組みことだそうです!

兄弟揃ってプロ入りするだけでも凄いことですが、兄の東妻勇輔投手とバッテリーを組むとなると、奇跡に近いことではないでしょうか?(笑)

でも、東妻純平選手と兄の東妻勇輔投手が、プロの舞台でバッテリーを組んでいるところを見てみたいですね!

スポンサーリンク

東妻純平の父親は?

ドラフト候補として注目されている東妻純平選手と、ロッテにドラフト2位指名された兄の東妻勇輔投手。

そんな2人の父親はどんな方なのでしょうか?

父親の存在が気になったので、調べてみることに!

 

ただ調べてみたところ、現時点では父親らしき人の情報がほとんどありませんでした。

兄の東妻勇輔投手が、ロッテにドラフト指名され入団されているので、父親の画像やコメントなどが出ているかと思ったのですが…。

 

父親が出演されたとか、インタビューを受けたとかはなかったのでしょうか?

調べていて父親らしき情報としては、兄の東妻勇輔投手のツイッターで確認出来ました!

兄の東妻勇輔投手にとっては、2歳年下で、東妻純平選手にとっては3歳年上の長女がいます。

その長女の誕生日を、兄の東妻勇輔投手は一緒に祝えなかったようです。

おそらく家族の誰かが、長女の誕生日を祝っている画像を、兄の東妻勇輔投手に送ったのではないでしょうか?

その画像が、兄の東妻勇輔投手のツイッターに投稿されたんです!

そこには父親と母親だと思われる方も一緒に写っています。

https://twitter.com/yusukemax080404/status/796689237735129088

一見、恐そうな父親に見えますが、2人にとっては好きな野球をやらせてくれる、良き父親なのでしょうね!

父親は野球ではなくバスケットボールの選手だったという情報もあります。

野球を始めたのは父親の勧めなのかは定かではありませんが、間違いなく父親は我が子の活躍を期待しているでしょうね!

最後に

今回は2019年のドラフト候補として注目を集めている、智弁和歌山の東妻純平選手についてピックアップしました。

東妻純平選手のドラフト評価はまだ表立っては出てきていない

兄の東妻勇輔選手は2018年にロッテのドラフト2位で入団したプロ野球選手!

父親についても紹介しました。

ロッテにドラフト2位指名された兄の東妻勇輔選手と、プロの舞台でバッテリーを組める日がくるのでしょうか?

そのためにも、東妻純平選手には甲子園で活躍してもらいたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク
Pocket