激戦区の埼玉県から第91回センバツ高校野球に選出された春日部共栄。

その春日部共栄でエースで4番を任されているのが、村田賢一投手です。

今回は村田賢一投手の経歴をはじめ、出身や通われていた中学校などについて、調べていきたいと思います。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

村田賢一は春日部共栄のエースで4番!

村田賢一 投手 春日部共栄 エース 4番 経歴 出身地 中学校

花咲徳栄や浦和学院など、名門校がひしめく埼玉県。

そんな埼玉県の中で、注目を集めているのが春日部共栄高校です。

 

第91回センバツ高校野球では、見事に甲子園出場を決めています!

 

そして春日部共栄の中心選手として、プロからも注目を集めているのが、村田賢一投手です。

村田賢一投手は、春日部共栄のエースで4番を任されています。

投手だけでも負担のかかるポジションですが、その上で4番も任されていますからね。

春日部共栄の投打に、村田賢一投手は不可欠ということでしょう!

 

ただ、村田賢一投手は春日部共栄進学後、順風満帆かと言われるとそうではありませんでした。

実は村田賢一投手は、度重なるケガの影響で、満足にプレーが出来ていませんでした。

 

普通の選手なら、そこで気持ちが切れてしまう選手が多いのです。

ただ村田賢一投手はしっかりと先を見据え、トレーニングに励んでいたようです。

 

そして春日部共栄の本多監督も村田賢一投手が完全復活する前から

「春日部共栄のエースで4番はお前に任せる」

と言ってきたそうです。

 

それだけ村田賢一投手の能力の高さを、本多監督は見抜いていたのでしょう。

そして度重なるケガにも負けなかった、村田賢一投手の強さを買っていたのではないでしょうか?

村田賢一のプロフィールや経歴は?

では、注目度の高い村田賢一投手のプロフィールから見ていきましょう。

  • 名前:村田 賢一(むらた けんいち)
  • 生年月日:2001年8月31日
  • 年齢:17歳
  • 出身:千葉県
  • 身長182cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手

以上が村田賢一投手の簡単なプロフィールとなります。

続いて村田賢一投手の経歴を調べていきたいと思います。

 

村田賢一投手は、小学2年生から「浦安ニューラッキーズ」というチームで野球を始めています。

 

村田賢一投手は小学生時代から期待されていたようです!

当時の監督はエースで4番に育てるため、一度も犠打のサインを出さなかったとのこと。

さらに投手の時は、1試合で20四死球出しても、交代させなかったようです。

 

正直、少年野球には村田賢一投手以外にもたくさんの野球少年がいたでしょう。

一度も犠打のサインを出さなかったのはわかります。

ただ、1試合で20四死球を出しても交代させなかったというのは、なかなかないと思います。

 

普通に考えたら、その試合はおそらく負けるはずです。

それでも負けるとわかっていても、村田賢一投手に経験を積ませるために、その試合を捨てたと言っても過言ではないと思います。

 

そこまで小学生の1人の選手に、力を注いでくれる監督がいるでしょうか?

 

ただ、当時は投手よりも打者としての方が評価は高かったようです。

そのため、小学6年生の時にジャイアンツジュニアというのに選出されていますが、この時は打撃を買われ野手として選出されています。

村田賢一の中学校はどこ?

村田賢一投手の中学時代は、「東京城南ボーイズ」というチームでプレーしています。

当時の監督は、現中日の松坂大輔投手の指導経験を持つ、大枝茂明さんが監督を務めていました。

 

中学の最初は投手ではなく、野手としてプレーしています。

実は最初は守れるポジションがなく、いろんなポジション転々としていたようです。

そして最終的には中学2年生の頃に、投手に固定されたとのこと。

 

おそらく、中学時代も投手の評価よりも打者としての評価が高かったのだと思います。

そのため、空いているポジションを転々としたのではないでしょうか?

そして村田賢一投手は、あまり守備が得意ではなかったのかもしれませんね。

 

ちなみに村田賢一投手が通われていた中学校の情報は、現時点では確認が出来ませんでした。

 

おそらく地元千葉県の中学校に通われていたと思われます。

もしかしたら中学校で野球をやっていたわけではないので、東京城南ボーイズ時代の話題しか出回っていないのかもしれませんね。

 

そして中学卒業後、春日部共栄高校に進学。

1年秋に公式戦に1試合登板するものの、腰痛や肩痛など度重なるケガで、試合に出場できない日々を過ごしていました。

 

苦労を乗り越え2年秋の埼玉県大会から、エースで4番を任されます!

そして現在ではチームの中心選手として活躍しています。

 

不屈の精神が素晴らしいですね!

スポンサーリンク

村田賢一投手の出身地は?

村田選手のプロフィールと経歴を見ていて、気になったのが出身地です。

 

プロフィールでは村田賢一投手の出身地は千葉県となっています。

ただ、調べていると、出身が静岡県という情報も

おそらく静岡県という情報は間違いで、実際には千葉県出身だと思います。

 

なぜなら、経歴にある小学生時代の浦安ニューラッキーズは千葉県。

中学時代の東京城南ボーイズは東京の城南地区(多摩川付近)を拠点にしているチームとなります。

 

出身地が静岡県だと、生まれてから引っ越ししていることになります。

ただ、村田賢一投手が引っ越してきたという情報は特にありません。

 

出身地が千葉県なら、東京城南ボーイズも通える範囲なので、納得がいきます。

そして春日部共栄は埼玉県も比較的近いですよね。

 

もちろん出身地である千葉県にも強豪校はあります。

ただより高いレベルを求めて、強豪校がひしめく埼玉県の春日部共栄高校を選ばれたのではないでしょうか?

最後に

今回は第91回センバツ高校野球に選出された春日部共栄で、エースで4番を任されている村田賢一投手をピックアップしました。

投手として認めてもらえなかった時代や、度重なるケガによって、思うような野球人生を歩めなかった村田賢一投手。

エースで4番として活躍している現在の自分には、非常に満足されているのではないでしょうか?

後は甲子園という大舞台で活躍するだけですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク
Pocket