北海道の駒大苫小牧高校で大活躍した、現ヤンキースの田中将大投手の再来と言われている選手がいます。

その選手というのが、札幌大谷高校のエース西原健太投手です!

 

今回は西原健太投手をピックアップしたいと思います。

西原健太投手の球速や、変化球の球種、そして投球フォームについて紹介していきますよ!

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

西原健太投手の球速は?

まずは西原健太投手が一番自信を持っているストレートからピックアップします。

西原健太投手は、身長184cm、体重90kgから繰り出すストレートが大きな武器と言えます。

そのストレートの球速は、MAX142km/で、平均球速が130km/h後半と言われています。

 

ただ、これは球速表示上の数字であって、実際に西原健太投手のストレートを見ていると、球速以上のキレを感じます。

おそらく184cmの高身長から投げられるストレートは、キレとボールの伸びがあるのだと思います。

 

そのため、平均球速が130km/h後半のストレートでも三振が奪えるのだと思います。

また、90kgの体重をボールにしっかりと伝えることで、非常に重たいボールになっていると思います。

そのため、バットに当てても、押し負けたり詰まらされるといったことが起こります。

 

なので、総合的に考ええると、西原健太投手のストレートは球速以上の速さだと考えられます。

今の高校生は練習時から、球速140km/hのストレートはピッチングマシンで練習していることが多いです。

また、強豪校ともなれば球速150km/h台のストレートを投げる投手もいます。

 

それだけ、速いストレートに対応できる練習をしている対戦打者が、三振したり振り遅れたりしているんですからね!

もしかしたら西原健太投手のストレートは、体感的には球速150km/ぐらいなのかもしれませんね。

西原健太投手の変化球の球種は?

いくら西原健太投手がストレートに自信があっても、ストレートだけでは甲子園はおろか地方大会で勝ち抜くことはできません。

 

やはり重要となってくるのが、変化球となります。

 

変化球次第では、ストレートがより活かされることもあります。

では、西原健太投手の変化球の球種はどういったものがあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、スライダーカーブチェンジアップが主な変化球の球種となっていました。

 

中には、スプリットフォークもあるという情報を掲載しているものもありました。

 

ただ情報が不確かなところでもあります。

変化球の球種としてはあるのかもしれませんが、多投できるほどレベルの変化球にはなっていないのではないでしょうか?

 

なので基本的にはストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップが変化球の球種と考えていいと思います。

ストレートがキレと伸びがあるので、変化球としては横に曲がるスライダーが非常に相性が良いと思います。

 

もし本当にスプリットが投げられるのであれば、西原健太投手にとってはフォークよりも大きな武器となります。

それこそ田中将大投手と同じになりますよね!

スポンサーリンク

西原健太の投球フォームがダイナミック!

最後は西原健太投手の投球フォームを見ていきましょう。西原健太投手は、制球に若干不安があるためか、常時セットポジションからスタートします。

ゆったりと足を上げる投球フォームから、体格を生かしたダイナミックなフォームへと移っていきます。

 

実際の投球フォームはこちらで確認出来ました。

かなりダイナミックなフォームですよね1

ただお手本となる投球フォームかと言われると、誰でもマネできる投球フォームではないですね。

やはり西原健太投手のような体格があって、はじめて生きる投球フォームだと思います。

 

ダイナミックな投球フォームに見えるのは、高身長だからだと思います。

そこからしっかりと体重移動をすることで、ボールに力をしっかりと伝えることができます。

 

この体重移動の時に西原健太投手の体格の良さが加わることで、より投球フォームをダイナミックに見せていると思います!

 

おそらく、体格の変化とともに投球フォームは少しずつ変化してきているのではないでしょうか?

野球を始めた時から今の投球フォームだと、なかならバランスを保つのが難しいと思います。

あのダイナミックな投球フォームをしっかりと支えている、足腰の強さは西原健太投手のストロングポイントだと言えますね!

 

昨年の甲子園で大活躍した金足農業の吉田輝星投手のそうですが、北国の投手は足腰が強い投手が多い印象です。

今シーズンの冬もたっぷりと下半身強化に望んでいる思われますので選抜大会での活躍が楽しみですよね!

 

一方で現時点では、制球難という課題がまだあります。

 

ただこの課題を克服することができれば、セットポジションではなく、ワインドアップに投球フォームを変えることができます。

ワインドアップでの投球フォームとなれば、さらにダイナミックな投球フォームとなり、球速やキレが増すでしょう!

 

もしプロ入りを目指しているのであれば、制球難という課題は是が非でも克服していきたいですね。

阪神の藤浪投手ほどの球速があっても、制球が乱れてしまうと、なかなかゲームを作ることができなくなってしまうので。

最後に

今回は現ヤンキースの田中将大投手の再来と言われている、札幌大谷高校のエース西原健太投手をピックアップ!

 

西原健太投手の球速をはじめ、変化球の球種や投球フォームについて紹介しました。

 

まだまだ伸びしろのある西原健太投手!

センバツ高校野球でたくさんの経験を積んでもらい、夏の高校野球では、今以上の選手になって帰ってきてもらいたいですね!

センバツ高校野球でどこまで勝ち進めるか、非常に楽しみです!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

 

Pocket