パスポートと取り上げられ出国禁止となったフリージャーナリストの常岡浩介さん。

 

今回は常岡浩介さんについて取り上げてみました。

なお経歴を調べてみたところかなりぶっ飛んでいる方であることが判明しました!

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

常岡浩介(フリージャーナリスト)の顔画像!

常岡浩介さんの顔画像を調べてみました!

少し強面風な方ですが、意思が強そうな顔つきでもありますね。

常岡浩介のプロフィール!出身高校に大学は!?

  • 名前:常岡浩介(つねおか こうすけ)
  • 別名:シャミル
  • 生年月日:1969年7月1日
  • 年齢:49歳
  • 出身地:長崎県島原市
  • 職業:フリージャーナリスト

常岡浩介さんの出身高校や大学はどこなのでしょうか?

出身高校は長崎県にある私立の名門中高一貫校

「青雲高等学校」

です。

 

そして大学ですが

「早稲田大学 人間科学部」

を卒業されています!

学歴だけ聞けばエリートと言った印象ですが、常岡浩介さんは普通の人物とはかなり違ったユニークな方です。

一筋縄ではいかない経歴を持っています。

 

というのも常岡浩介さんは大学在学中にアルジェリア、リビアなどにでかけていたそうです。

常岡浩介さんの年齢からして学生時代はバブル真っ只中かと思います。

どうせ海外にいくならアメリカやヨーロッパといったところに行くのが一般的な印象ですよね。

そんなときにアルジェリアやリビアに出かけるとは・・・

これは只者ではないといった感じですよね。

 

実際経歴を調べてみたところかなりぶっ飛んでいる方であることが判明しました!

スポンサーリンク

常岡浩介の経歴がヤバイ!?

大学卒業後1994年に地元長崎放送の報道部記者としてジャーナリストとしてのキャリアを開始しています。

長崎放送では長﨑県警の内部犯罪を取材するなどしていましたが、4年半勤務したのち退社。

 

そこから常岡浩介さんはかなり破天荒な生き様を見せつけることになります。

 

1998年からイスラム世界各地の戦場に取材に行くようになります。

いわゆる戦場ジャーナリストでしょうか!?

 

イスラム世界に傾倒していく中で2000年2月にモスクワでイスラム教に改宗。

イスラム教として人生をリスタートしていきます。

 

ちなみにイスラム教改修後の名前は「シャミル」となっているようです。

イスラム改修後ますますぶっ飛んだ活動を行っていく常岡浩介さん。

 

2001年にはアジアプレス・インターナショナルのメンバー資格剥奪。

 

2001年6月にはジョージア アブハジア取材中に行方不明に。

その後12月にジョージア政府から日本大使館員に身柄が引き渡され帰国しています。

 

外国で行方不明になって大使館に引き渡されるなんて想像を超える恐怖かと思います。

普通の方であればここで、危険な取材はやめようと思うのかもしれませんが、常岡浩介さんはそんなことを気にするような男ではなかったようです。

 

ますます行動はエスカレートしていきます。

 

2003年1月にはインテルファクス通信から「日本国籍のチェチェン国際テロリスト」として名指し報道。

 

2004年に「所持している衛星携帯にGPSが付いている」という理由からロシア秘密警察に身柄を拘束

16日間拘束され1000ルーブル罰金を支払って国外退去に。

 

ロシアの秘密警察なんて本当にあったんですね!といったレベルですが、身柄を拘束された経験があるとは。

なんとも驚きですが、さすがに少しこりたのかもしれません。

 

ロシア秘密警察に拘束後しばらくは目立って危険な目にはあっていなかったのですが、そこは常岡浩介さん。

再び破天荒に動き出しますまだまだ走り続けます。

 

2010年4月にはなんとタリバン関係者取材後に統一イスラム党の腐敗分子によって誘拐されてしまいます・・・。

もうこれ以降はますます凄いことになっていきます。

 

2011年にはパキスタンで秘密警察ISIに拘束。

2012年にはターリバーン公式代表らを京都に招聘。カルザイ政権とターリバーンの和平に向けた協議をセッティング。

 

さらに近年話題にのぼることも多いイスラム国関係者とも接点をもっているようです。

また2016年11月にもイラク北部のクルド人自治区にあるクルディスタン地域政府に拘束されてしまっていたようです・・・。

 

ここまでの経歴をみれば今回の出国禁止も大した問題ではないように思えてしまうから怖いですよね。

最後に

パスポートを取り上げられ出国禁止となったフリージャーナリストの常岡浩介さんについてご紹介しました。

経歴をしらべてみたところかなりぶっ飛んでいる方あることが確認出来ました。

 

今後どうなってしまうのでしょうか。

無事であることを願いたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク
Pocket