フジテレビの「報道スクープSP激動!世紀の大事件VI~平成衝撃事件簿の真相~」で「十和利山クマ襲撃事件」が特集されます。

クマ撃ち名人として紹介されたのは斉藤良悦さんです!

今回は数々のクマ撃ち伝説を持つクマ撃ち名人の斉藤良悦さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

斉藤良悦(クマ撃ち名人)の経歴!

クマ撃ち名人として知られている斉藤良悦さん。

経歴を調べてみました!

 

斉藤良悦さんは秋田県東由利町(現:由利本荘市)出身の猟師さんです。

「鹿角連合猟友会」に所属されていてクマ撃ち名人として知られています!

 

4名の犠牲者が出た平成最悪ともいわれれる「十和利山クマ襲撃事件」においても猟友会からの要望を受けて熊退治に参加しています。

年齢は2016年6月の時点で61歳と紹介されているため、現在は63歳ではないかと思われます。

なおクマ撃ちとしての実力は半端ないものがあるようで、「十和利山クマ襲撃事件」でも見事1頭の熊をしとめています。

なお気になる顔画像についても調べてみました!

斉藤良悦(クマ撃ち名人)の顔画像は!?

クマ撃ち名人の斉藤良悦さんですがどんな顔をされているのか画像をしらべてみたのですが、確認が出来ませんでした。

一般の方になるのでほとんど情報が出ていないといった感じですね。

ただ斉藤良悦さんのクマ撃ち名人といわれる伝説がいくつか確認が出来ました!

スポンサーリンク

斉藤良悦(クマ撃ち名人)の伝説が凄い!

十和利山クマ襲撃事件でも熊一頭をしとめている斉藤良悦さん。

その伝説ぶりが際立っているのは秋田八幡平クマ牧場で発生した事件で活躍ぶりしょうか。

 

秋田八幡平クマ牧場での事件では斉藤良悦さんはたった一人でヒグマ6頭を仕留めて事件を解決に導く大活躍を見せています。

なお斉藤良悦さんはツキノワグマの猟をしたことはあったようですが、大柄なヒグマと対峙したのはこの事件のときが初めてだったそうです。

 

ツキノワグマは体長1.2m〜1.8m程なのに対してヒグマは2.5m〜3mほどの大きさがあります。

ツキノワグマとヒグマは子供と大人と言っていいくらい差があるだけにかなり緊張をしていたのではないでしょうか!?

 

そんな中でも確実に逃走したヒグマをたった一人で次々と仕留めていく様子はそのまま映画化でもできそうでもあります。

最後の6頭目に関しては斉藤良悦さんが睨みをきかせたらヒグマが後退りをしたそうです。

まさに凄腕のスナイパーといったところでしょうか。

 

なお、この秋田八幡平クマ牧場での事件についてはアンビリーバボーでも放送され大きな話題となっていました。

秋田八幡平クマ牧場の事件に関しては発生した背景などを調べると色々と考えさせられるものがありますね。

ただ少なくとも斉藤良悦さんの活躍によって事件が収束に向かったことは事実であるかと思います。

 

ちなみに最近の熊は大きな音などに驚かなくなってきているようです。

漁師さんの活躍に注目があるまるのは悲しい最後を向かた熊がいたことの証拠でもあります。

人間と熊が共存する抜本的な解決策を模索する方法を確立することが最も大切と言えそうですね。

最後に

十和利山クマ襲撃事件で活躍したクマ撃ち名人斉藤良悦さんについて取り上げてみました!

一般の方であるためほとんど情報が確認出来ませんでしたが、猟師としての腕前は半端ないですね。

ヒグマを一人で6頭も仕留めたというのは驚きでしかありません。

 

熊による人間への食害はあってはならないことでありますが、端的に熊を責めていては解決しない問題であるかと思います。

人間側が工夫して熊と共存できる環境を構築する努力が求められそうですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket