ニムロッドで芥川賞を受賞した上田岳弘さん。

早稲田大学卒業後会社の立ち上げにも参画されていた経験もあるようです。

天才とも言われる上田岳弘さんについて掘り下げてみました!

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

上田岳弘のプロフィール!

  • 名前:上田岳弘(うえだ たかひろ)
  • 生年月日:1979年2月26日生まれ
  • 年齢:39歳
  • 出身地:兵庫県明石市
  • 大学:早稲田大学法学部卒業
  • 家族:妻、娘

早稲田大学の法学部を卒業されている上田岳弘さん。

上田さんで早稲田大学といえばくりーむしちゅーの上田晋也さんが思い浮かびますが、上田晋也さんは早稲田大学を中退いているのに対して上田岳弘さんは卒業をされています!

 

兵庫県明石市の出身で4、5歳のころからものを書く仕事に付きたいと考えていたようです!

名を上げる方は幼い頃から夢を定めている方が多いですよね!

 

幼稚園のころなんてウルトラマンになりたいとかお姫様になりたいとかかなり漠然とした夢を描くのが子供らしいともいえますが、さすが上田岳弘さんですよね。

 

なお兵庫県出身で有名な作家といえば村上春樹さんが思い浮かびます。

毎年と言っていい程ノーベル文学賞受賞するのではないか!?と期待の声もあがっていて世界中にファンがいる日本を代表する作家さんですよね。

ちなみに村上春樹さんの「風の歌を聴け」が人生に影響を受けた3冊のうちの1冊として選ばれていました!

なおプライベートでは結婚をされていて2月に3歳になる長女とのお風呂タイムがなによりの楽しみかつ癒やしになっているそうです!

上田岳弘の出身高校はどこ!?

上田岳弘さんの出身高校はどこなのでしょうか?

 

調べてみたのですが、どの高校を卒業しているのかはっきりとした情報が確認出来ませんでした。ただ高校1年生のときに阪神淡路大震災を経験されているようです。

ですのでおそらく地元明石市の高校に通っていなのではないでしょうか?

大学は早稲田大学なのでかなり優秀な高校に通っていたかと思われます。

明石市の名門高校としては

「明石北高等学校」

があります。

偏差値も61(普通科)、69(自然科学科)とかなりハイレベルな学校です。

上田岳弘さんは高校は理系に進学したとの情報もあるので明石北高等学校の自然科学科に通っていた可能性が考えられますね!

理系から文系に転向することは国公立大学を目指していたのであれば十分可能ですし、明石北高等学校出身というのもまんざらでもないかもしれません!

詳しい情報が確認出来ましたらご紹介したいと思います!

上田岳弘が立ち上げた会社の名前は!?

上田岳弘さんですが、早稲田大学を卒業後、就職はせずに会社立ち上げていたそうです!

立ち上げに参画した会社の名前はなんなのでしょうか?

 

調べてみたところ立ち上げに参画した会社は「法人向けソリューションメーカー」とのことでした。

いわゆるITベンチャー企業ですよね。

そちらの会社で役員をつとめていたということですが、残念ながら会社名までは確認が出来ませんでした。

 

ちなみに現在でも役員としての勤務は続いているようで芥川賞受賞作「ニムロッド」は役員をやりながら書き上げたという驚異的なエピソードをもっています。

 

作家としても大成功しビジネスマンとしてもITベンチャーで役員をこなす上田岳弘さんはまさに天才といっても過言ではなさそうですよね!

スポンサーリンク

上田岳弘は天才!?

上田岳弘さんですが、文学界からも天才と称されることがあるようです。

というのも作家としての経歴があまりにも華麗なためです。

  • 2013年:デビュー作「太陽」で第45回新潮新人賞を受賞!
  • 2015年:第28回三島由紀夫賞を「私の恋人」で授賞!
  • 2016年:国際文芸誌〈Granta〉日本語版にて「Best of Young Japanese Novelists 2016」に選出!
  • 2018年:第68回芸術選奨新人賞を『塔と重力』で受賞!
  • 2019年「ニムロッド」で第160回芥川賞を受賞!

このように賞を受賞しまくっています!

 

さらに朝日新聞紙上での松浦寿輝さんと鴻巣友季子さんとの対談「ノーベル賞を語り合う」では二人共が上田さんの名前をあげて絶賛しています!

 

これだけ作家としての成功を収めながらITベンチャーで役員をやっている。。。

つまり作家業は副業といったところなんでしょうか!?

もう天才だとしか思えません(笑)

最後に

芥川賞を受賞した上田岳弘さんについて取り上げてみました。

ITベンチャーで役員をつとめながら作家として大成功を収めるというかなり破天荒なことをやってのけてらっしゃいます。

まさに天才といった感じの上田岳弘さんですが、ITと小説というあまりない組み合わせから生み出される作品は一読の価値はあるかと思います!

気になった方はぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

 

 

Pocket