楊井人文さんが投稿する記事が色々物議を呼んでいます。

左翼で中国人!?との噂も有るようですがどうなんでしょうか?

今回は楊井人文さんについて取り上げてみました。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク

楊井人文の経歴に顔画像!

  • 名前:楊井人文(やない ひとふみ)
  • 生年月日:1980年生まれ
  • 出身地:大阪府
  • 職業:弁護士(ベリーベスト法律事務所)、ジャーナリスト
  • 肩書き:日本報道検証機構代表理事

元産経新聞の記者で弁護士に転身したという異色の経歴をもつ楊井人文さん。

2007年に新司法試験に合格し弁護士として活動してきましたが、2012年4月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げています。

また同年11月、一般社団法人日本報道検証機構を設立し、同代表理事に就任し、ジャーナリストとしての活動も活発に行なっています。

楊井人文の出身高校に大学はどこ?

楊井人文さんの出身高校ですが、兵庫県の名門進学校(中高一貫校)

「甲陽学院高等学校」

です。

灘高に次ぐ名門として知られていて多くの有名人が卒業されています。

最近期待の起業家として話題となっているこの方も甲陽学院高等学校出身ですね。

大学は「慶應義塾大学 総合政策学部」を卒業しています。

大学卒業後に産経新聞に入社もわずか2年ほどで退社し

慶應義塾大学法科大学院」

に進学、見事新司法試験に合格しています。

楊井人文は左翼!?

楊井人文さんですが、ネット上で左翼!?と噂されているようです。

ちなみに左翼と一口でいっても様々な定義があると思いますが、一般的な解釈といて

「左翼」は急進的、革新的、また、革命的な政治勢力や人を指し、社会主義的、共産主義的、進歩主義、急進的な自由主義、無政府主義傾向の人や団体を指す

wikipediaより引用

といった感じでしょうか。

ちなみに楊井人文さんが運営する「一般社団法人日本報道検証機構」は公正・中立な立場をとるために事実を正確に報道することを目指して設立されているそうです。

インタビューでもこのように答えられています。

報道に誤りがあれば、本来は徹底した自己検証をして、その過程も含めて公開すべきですが、多くのメディアは隠したり、ごまかしたりする傾向があります。第三者がきちんとメディアに問題を突きつける必要があると考え、震災の翌年、2012年に立ち上げたのが「日本報道検証機構」でした。

https://news.ameba.jpより引用

この設立目的通りの活動がなされているとしたら必ずしも左翼的とは言えないのかもしれませんね。

なお楊井人文さんが執筆する記事はかなり高い評価を得ているものあり2017年にはYahoo!ニュース個人の3月MVA(Most Valuable Article)賞を受賞した記事も執筆しています。

かならずしも先にあげたような左翼の定義に当てはまるとも思えない感じがしますね。

ただ日本においては中国や韓国に対して好意的な思想をもっている場合も左翼と言われるケースもありますね。大手メディアだと朝日新聞などがそのようにいわれるケースが多いようです。

そもそも朝日新聞といえば日本を代表する超大手の新聞社です。左翼的な考えからすれば、打倒すべき体制側といえるので朝日新聞が左翼ということ自体が少しずれているような気がしないでもないです。

もしかしたら左翼という言葉がその定義よりも批判するための言葉として使われていて、楊井人文さんもそういった背景から左翼と言われいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

楊井人文は中国人!?

楊井人文さんですが、中国や韓国よりと思われるような発言をしていることや名字が少しかわっていることもあってか中国人なのではないか?と噂されています。

楊井人文さんのご両親については全く情報が確認出来ていない状況となっています。

もしかしたら帰化されているかもしれませんが、なんとも言えないですね。

でも楊井人文さんは中国や韓国に対して批判的な記事を書くことが多いとされている産経新聞に入社しています。もし中国人だったとしたら産経新聞に入社しようとするでしょうかね?

まあ2年ほどで辞めているので、そういった報道傾向がいやになって辞めたのかもしれません。

産経新聞を辞めた理由を調べてみたところ、報道傾向が嫌になったというわけではありませんでした。

ジャーナリストという「問題提起型」の仕事より、問題を解決する「実務家」のほうが自分には向いているのではないかと思い始め、退職して法科大学院に入り直し、司法試験を経て弁護士になりました。

https://news.ameba.jpより引用

ジャーナリストよりも弁護士がやりたくなったというところでしょうか。

そう思ってすぐに行動出来るところは凄いですよね!

最後に

弁護士でジャーナリストの楊井人文さんについてご紹介してきました。

あまり日本には馴染みのない「ファクトチェック」という手法を取り入れたかたちでジャーナリストとしての活動をしていました。

左翼で中国人ということに関してははっきりとした情報では確認出来ていません。

噂や反対する立場からの批判のためだけに使われている可能性も否定できないため慎重に見ていく必要がありそうですね。

【こちらもあわせて読みたい】

スポンサーリンク
Pocket