大物政治家の訃報が飛び込んできました。

体調不良のため政界引退を表明したいた鴻池祥肇参議院議員。

闘病していた病気は間質性肺炎!?との噂がありますが、どうなんでしょうか?

経歴や家族についても調べてみました!

【こちらの記事もよく読まれています】

スポンサーリンク

鴻池祥肇参議院議員の病気は間質性肺炎!?

体調不良のため政界引退を表明していた矢先のことでしたが、大物政治家の訃報が入ってきました。

鴻池祥肇参議院議員については病気を患っているとの噂が出ていました。

調べてみたところその病名は

「間質性肺炎」

といった情報が確認出来ました。

鴻池祥肇氏(68)が官房副長官を辞任した。ところが、突如、都内の病院に入院してしまった。病名は「間質性肺炎」。

http://news.livedoor.com/article/detail/4155069/より引用

間質性肺炎はあまり聞き慣れない病気となっていますが、かなりの難病で命にかかわることもあるとのことです。

この病気になる原因としては膠原病やリウマチ治療の薬の副作用などがあるようですが、原因不明の特発性間質性肺炎もあるようです。

ちなみに鴻池祥肇参議院議員が間質性肺炎と報道されたのは2009年と9年ほど前のことになっています。

当時は症状はあまり重くないとされていましたが、完治できずにいたのでしょうか。

鴻池祥肇参議院議員の経歴やプロフィール!

  • 名前:鴻池祥肇(こうのいけ よしただ)
  • 生年月日:1940年11月28日
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 高校:兵庫県立神戸高等学校
  • 大学:早稲田大学教育学部
  • 所属政党:自由民主党(麻生派)

自民党の重鎮として長らく活動してきた大物政治家です。

早稲田大学教育学部を卒業していますが、この方も同じく早稲田大学教育学部卒ですね。

郵政民営化に反対を表明しつつも、当時の小泉純一郎首相が郵政解散を実行し、大勝したことを受け最終的には賛成にまわっています。

最近では森友問題で籠池理事長との接点があったことから色々と物議をかもしていましたが、真相は闇の中といった状況となっていますね。

なお今年の5月で政界引退を表明していました。

公式ツイッターでは都度投稿がなされていましたが、最後の投稿は誕生日のお祝いメッセージへの返信となっています。

マメな方だったんでしょうね。


なお鴻池という名字からも連想されますが、鴻池祥肇参議院議員の大伯父にあたる鴻池忠次郎はゼネコン鴻池組の創業者となっています。

スポンサーリンク

鴻池祥肇の家族(嫁息子)は!?

鴻池祥肇参議院議員ですが、結婚されていて子供もいます。

由緒正しい家系なだけに跡継ぎとして息子をすえようとされていたようですね。

長男で公設秘書を務めていた鴻池肇一さんを自民党公認を取り付け2019年の参議院議員選挙に出馬させようとしていたようです。

ただ結果的には鴻池肇一さんは県議の加田裕之氏に破れ自民党の公認を得ることが出来きませんでした。

なお奥さんに関しては情報が確認出来ませんでした。

最後に

鴻池祥肇参議院議員について取り上げてみました。

間質性肺炎を患っていたのは間違いが無さそうですし晩年は体調がかなりつらかったのではないかと思われます。

ご冥福をお祈りします。

【こちらの記事もよく読まれています】

スポンサーリンク
Pocket