捕鯨問題に関しては欧米諸国では捕鯨に反対する意見が多くなっている一方で日本に関しては日本文化の一環として捕鯨があると考える意見もあり、なかなか意見がまとまっていませんよね。

そんな中、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する意向であることを表明しました。

今後欧米諸国と日本との関係性がどうなっていくの気になるところでもありますが、捕鯨問題というのがどういったものだったのか、わかりやすいようにまとめてみました!

スポンサーリンク

捕鯨問題を簡単にわかりやすく解説!

捕鯨問題ですが、現在特に問題とされているのは日本が行っている調査捕鯨が実質的には商用捕鯨となっていると判断されていることによります。

なぜその様に判断されてしまっているかというと調査のために捕鯨しているのに鯨を解体したり鯨肉を販売したりしてしまっているためです。

ただこの様な問題が生じる背景としては大型哺乳類であるクジラに対する考え方の違いがあるとされています。

ざっくりとまとめてしまえば捕鯨反対の国は基本的に

「捕鯨を行ってクジラを食べるなんてありえない!可愛そう!」

といった考えをもっています。犬や猫に近い存在として捉えているとも言えるかもしれません。どちらかといえば感情的な考えの方が優先しています。

一方で捕鯨賛成の国は捕鯨に対してクジラに対しては捕鯨反対国ほどはクジラに対する愛護を優先するよりも

「自国文化を継承するため」

「海洋資源を守るため」

といった人間の生活を豊かにする事を優先しています。

なお捕鯨賛成国に関してもむやみやたらとクジラを乱獲することに関して賛成しているわけではありません。動物愛護の観点から考えると捕鯨をしないほうがよいという感情は理解しています。

ただクジラを長らく食してきた自国文化を継承していく必要性だったり、実際問題クジラが多くの魚を食べてしまうことによる魚の種類の減少といったデメリットを考えて捕鯨は必要だと判断しています。

感情的な判断というよりはどちらかといえば合理的な判断だと言えますね。

捕鯨反対国は感情的な判断。捕鯨賛成国は合理的な判断となっており感情と理屈との議論となっているためなかなか解決点を見いだせていません。

ただクジラが可愛そうというなら、牛や豚だって可愛そうですよね。

反対している国はベジタリアンしかいないのでしょうか?

そんなことは無いですよね。

わかりやすく解説しようにもどうも歯切れが悪い感じになるのが捕鯨問題ですが、調べてみたところ捕鯨反対国はクジラが可愛そう!といった感情的な理由以外にも反対する理由が見えてきました。

捕鯨反対の本当の理由は!?

捕鯨を反対する理由ですがクジラが可愛そう!という感情的な理由が前面に押し出されています。

そのため捕鯨賛成国との議論がなかなか決着しないという状況に陥っています。ただ色々と調べてみるとこのクジラが可愛そう!という感情面以外に合理的で打算的とも思われる理由が見え隠れしてきます。

どんな理由でしょうか?

捕鯨反対国が捕鯨に反対する感情面以外に理由ですが

  • 観光資源となるホエールウォッチングを脅かす可能性があるため
  • 捕鯨反対としておかないと自国で印象が悪くなり最悪選挙で落選するかもしれないため
  • 牛肉や豚肉の代わりに魚や鯨が食べられると、輸出ビジネスが縮小する危険性がある

どうもこちらの理由の方が本当の理由ではないか!?とも思われますが、こういった合理的理由を前面にださないのは分が悪くなるからでしょうかね。

さらにはシー・シェパードやグリーンピースといった捕鯨反対団体がありますが、彼らにとっても捕鯨反対を叫び続けたほうが都合が良い事があります。

それは捕鯨反対団体が撮影した動画をTV局に販売して利益を挙げているからです。なおこういった映像での利益よりもテレビで放送されることにより集まる寄付金も反捕捕鯨団体の重要な収益源になっています。

捕鯨に反対して暴れることが立派なビジネスとして成り立ってしまっているので反対をし続けざるを得ないといったところでしょうか。

こういった理由はかなり合理的な理由かと思いますが、この理由を前面に押し出したら捕鯨賛成国の理屈にまけちゃいそうですよね。

【捕鯨問題】日本文化や歴史的背景は!?

なお捕鯨問題に関して日本の文化や歴史的背景についてどうなっているのかもご紹介します。

捕鯨について日本文化は?

日本の鯨肉食文化は江戸時代とかそういった時代から始まったものではありません。もちろん明治以降など近代化してからでもありません。

日本において鯨肉食が始まったのは縄文や弥生時代からとされています。

海洋国家である日本にとって鯨は身近に手に入る貴重なタンパク源として長らく親しまれてきました。

この鯨肉食という日本文化を守るという観点から捕鯨は必要なのかもしれませんね。

ただ実際問題鯨肉を好き好んで食べ続けている方はどれくらいいるのでしょうかね!?

世界各国と揉めてまで押し通すべき事案なのかどうかは冷静に考えたほうがよいかもしれません。

捕鯨について欧米諸国や歴史的背景は?

一方で捕鯨反対国の多くは鯨肉を食べる文化はありません。過去に捕鯨を行ってはいましたが、鯨油をとるためだけであって鯨油をとったら残りの肉などは廃棄されてきました。

なお鯨油は当時貴重な資源となっていたためそれにより鯨の乱獲が行われています。

江戸時代末期に日本にやってきて開国を迫ったことで有名なペリーも鯨油のための捕鯨をしていて、日本にたどり着いています。

このように食用としてではなく資源としてのみで捕鯨をしてきた国からすれば、鯨油に変わって原油の活用が進んだ事により捕鯨の必要性が無くなり、捕鯨自体もほぼ消滅してきています。

一方で日本では鯨油としての需要は無くなったものの食用としては庶民の味として広く浸透していたこともありそのまま捕鯨が継続されてきています。

なお今回のIWC脱退についてはネットではどのような意見があがっているのかしらべてみました。

スポンサーリンク

IWC脱退に関してネット上での意見は!?

やはりかなり賛否両論あるといった感じですね。個人的には日本文化を守ることは重要かと思いますが、それ以上に現在の日本にとって有利になるような判断をとることが政治としてもとめられるような気もします。

今回のIWC脱退によりどういった影響があるのかしっかりとシミュレーションし、対策を講じた上で脱退を表明していると信じたいですね。

最後に

捕鯨問題についてとりあげてみました。

IWC脱退により新たな局面を迎えていくかと思いますが、あまり大きな問題に発展していかないことを望みます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket