ゲームクリエイターでイラストレーターでもありアニメーション監督もつとめる才能あふれる「野村哲也」さん。

今回は野村哲也さんについて結婚して嫁や子供がいるのかどうか調べてみました!

年収がヤバいことになっているとのことですが、どうなんでしょうかね!?

スポンサーリンク

野村哲也のプロフィール!

View this post on Instagram

🌟 Today is the 48th birthday of my God, Tetsuya Nomura-sama, who has created my most Dearly Beloved characters of Final Fantasy VII, Kingdom Hearts series and Final Fantasy XV!! He has brought all the possible different emotions, comfort and love into my life with his stories and characters. I don't know anyone else who can make me feel so strong as he does with his creations. 🌟 💖 Final Fantasy VII is my absolute favourite game in the world, also it's my absolute favourite story. Final Fantasy XV and Kingdom Hearts comes next. It's indeed crazy that they're mostly visions of him, so it's clear he's a genius. 💖 ✨ He is so hardworking, humble, talented and creative man, I can't describe with words how much I love him and how grateful I am for his existence. I'm so lucky to be alive at the same time as him. ✨ 💖 Praise this man 💖 ⭐ Thank you for sharing the world your magic ⭐ #happybirthday #TetsuyaNomura #野村哲也 #finalfantasyvii #kingdomhearts #finalfantasyxv #squareenix #thankyou

A post shared by 🌟 (@brightcrest) on

  • 名前:野村哲也(のむら てつや)
  • 生年月日:1970年10月8日 
  • 年齢:48歳
  • 出身地:高知県
  • 所属:スクウェア・エニックス

高知県出身地で出身高校は

高知県立岡豊高等学校」

となっています。

 

高校卒業後上京してデザイン系の専門学校に進学しています。

1991年4月16日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社。

 

ファイナルファンタジーⅣにかかわったことが初仕事となっています。

その後もファイナルファンタジーシリーズにかかわっていっていますが、『キングダム ハーツ』では自身初となるディレクターを担当し、見事大ヒットさせています!

なおキングダムハーツは「キングダム ハーツIII」が2019年1月に発売予定となっていますね。

楽しみにされているかたも多いのではないでしょうか。

野村哲也は結婚して嫁や子供はいる!?

野村哲也さんですが、結婚はされているのでしょうか?

調べてみたのですが、結婚に関しての情報が確認出来ませんでした。

 

同姓同名で写真家の野村哲也さんがいらっしゃいますが、そちらの野村哲也さんは結婚をしていますね。

 

一方でイラストレーターの野村哲也さんに関してですがネット上では10年ほど前に2ちゃんねるなどで

「なんで結婚しないんだ!?」

といったような掲示板のスレッドが立てれれているほどですw

 

ゲーム制作の現場はかなりの激務と聞きますので当時は忙しくて結婚する時間がなかったのかもしれませね。

当時は30代後半でまだまだ仕事一直線でも問題なかったのかもしれませんが、今現在では48歳となっています。

もしかしたら既に結婚されているかもしれませんね。

 

情報が確認出来たらご紹介したいと思います。

野村哲也の年収がヤバい!?

野村哲也さんですが年収が1億超え!?といった噂があるようです。

もしこれが事実だとしたらかなり凄い金額ではあるかと思います。

 

ただ野村哲也さんはスクウェア・エニックス所属となっているところから考えると、もしフリーで同じような仕事をやっていたとしたら1億どころの騒ぎでは無さそうですね。

 

ただもしかしたらこの1億円というのも、眉唾ものの年収である可能性があります。

 

野村哲也さんはスクウェア・エニックスの中でもトップクラスのクリエイターとして知られているので、多額の報酬をもらっていても不思議ではないと思われます。

ただそんな外からの目とは実情は少し違ってそうです。

以前、海外メディアのインタビューでこのように答えられていました。

 

こういう言葉をご存知かどうか分らないけど、日本ではいわゆるサラリーマンって奴です!(笑)基本的には社畜なのよね、だからあんまり名声なんて感じてないかな。

 

かなり卑下する感じでコメントされていますよね。

華々しい業績にばかり注目が行きがちですが、よくよく考えてみると野村哲也さんも会社員という立場には代わりがないですからね。

 

日本企業は個人の業績に対して多くの対価を支払うといった会社はあまり見受けられませんよね。

過去にはサラリーマンとしてノーベル賞を受賞した田中 耕一さんがいらっしゃいましたが、会社からの報酬が少な過ぎで退社されてしまったことがありましたよね。

 

野村哲也さんに関しても1億円もの年収があった場合他の従業員から妬みや嫉妬の嵐となってしまい仕事どころではなくなってしまうかもしれませんよね。

また前述の自身を卑下する発言からしても権利収入的なものは会社の収入となっていてご自身には入ってきていない可能性が高いのではないかと思われます。

 

ちなみにスクウェア・エニックスの社員の平均年収ですが、親会社のスクウェア・エニックスホールディングスが

「1375万円」(有価証券報告書より)

となっています。

 

このスクウェア・エニックスホールディングスは持株会社となっていて子会社のスクウェア・エニックスの平均年収はもっとすくないものになっているかたと思います。

 

かりに野村哲也さんの年収が他の社員より多くもらっていたとしてもスクウェア・エニックスホールディングスの平均年収を考慮にいれると多くて1500万円〜2000万円くらいではないかと想定されます。

 

あまり夢のない年収額となっていますが、

安定している&会社のお金で大きなチャレンジが出来る

というのが会社員のいいところでもありますからね。

 

やりたいことを追求出来ている野村哲也さんからすればお金の問題はそんなに大きくないのかもしれませんね。

なお実際どれだけもらっているのかに関しては具体的な情報は確認出来ていませんので、ここでの年収とは大きく違ってくる可能性も大いに考えられますのであしからず。

最後に

キングダムハーツのディレクター 野村哲也さんについてご紹介してきました。

世界的に人気のゲームのクリエイターにもかかわらず、ご自身の事と社畜といっているのが意外でしたよね!

 

そんな謙虚さが長らく第一線で活躍する秘訣になっているかもしれませんね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket