流星の数が最大とも言われる流星群となる「ふたご座流星群」のピークが近づいてきています!

2018年に関してはどの方角で見られるのでしょうか?

今回の記事では東京における「ふたご座流星群」のおすすめ観測場所や時間についても調査してみました!

スポンサーリンク

ふたご座流星群(2018)ピークの時間は!?

2018年の「ふたご座流星群」のピークですが、「12月14日(金)21時ごろ」となっています!

だた13日(木)から観測出来るようですので都合の良い日程で観測したいですね。

ふたご座流星群(2018)おすすめ観測時間に避けるべき観測時間は!?

ふたご座流星群ですが、13日(木)日没〜15日(月)日の出迄であれば、観測が可能とされています。

ただおすすめの時間としてはもちろんピークとなる

「14日(金)21時ごろ」

となりますね。

 

ただ上記の時間は少し厳しいということであれば以下の時間を避けれていただければ、比較的観測がしやすくなるかと思います。

「深夜1時〜深夜3時」

この時間帯は観測できる流星の数が少なくなってしまうといわれていますので、避けたほうが良いかと思います。

 

ちなみにふたご座流星群の流れ星ですが、動画でチェックすることが出来ました。

流れ星に願いを言えばその願いが叶うともいわれていますが、これだけ多くの流れ星があれば少なくとも1回くらいは願いを届けることが出来そうですよね!

 

なお、上の動画は新潟県での撮影となっていますが、東京においてもしっかりと観測出来きています!

これだけ見れれば都内で観測するのも楽しみですよね!

なお気になる13日(木)〜15日(土)の東京の天気ですが、このようになっています。

ふたご座流星群 2018 東京 天気

画像引用元:気象庁HP

少し雲が出るかもしれませんが、雨が降ることは無さそうなのでなんとか観測が出来そうですよね!

2018年ふたご座流星群を東京ではどのような感じで観測すればよいのか調査してみました。

ふたご座流星群(2018)東京で見る時の方角は!?

ふたご座流星群を見ることが出来る方角ですがふたご座α星がある

「東の空」

となっています。

 

ただふたご座α星のある方角から四方八方に数多くの流星が降ってきますので、東側だけというよりは夜空全体的に見ることが可能となっています。

 

なので東の空一点を集中してみるというよりは夜空全体を広く眺めている方が流星を発見しやすいとも言われています。

数も多いのであまり焦らずにゆったりしながら観測されてはいかがでしょうか。

ふたご座流星群(2018)東京でおすすめの観測場所5選!

東京都内のおすすめ観測場所をご紹介します!

おすすめ観測場所①|砧公園(世田谷区 用賀)

まずはおすすめしたいのが世田谷区用賀にある砧公園(きぬたこうえん)です!

住所:東京都世田谷区砧公園1-1


広い芝生の広場があるため、レジャーシートなどを拡げて夜空を眺めることが出来るので首も痛くならずにゆったりと観測することが出来るかと思います。

 

都心からのアクセスもしやすくなっていますのおすすめですね!

 

ただ電車で行かれる場合は最寄り駅となる東急田園都市線用賀駅から歩くのはちょっと遠い距離(1.8km程)となっています。

ケチらずにタクシーで行くか、バスで行くのをおすすめします。

 

車で行かれる場合、公園内の世田谷美術館の近くに有料駐車場がありますので、そちらを利用されるといいでしょう。

駐車場の料金ですが、

【普通車】
1時間まで300円
以後30分毎に100円

となっています。

ただ料金支払いの際1,000円札より高額の紙幣(1万円札、5千円札)は利用出来ないので注意してください。

おすすめ観測場所②|目黒天空庭園(目黒区 大橋)

目黒区大橋に有る首都高速の大橋ジャンクションの上に作られた公園です。

砧公園以上にアクセスがしやすくおすすめの場所になっています!

 

ただ都心にあるため周囲にビルが乱立していることもあり、砧公園よりは圧迫感があるかもしれませんね。

ただベンチもあるためゆったりと座って観測することが出来そうです。

目黒天空庭園の住所ですが、

「東京都目黒区大橋一丁目9番2号」

となっています。


アクセス方法としては東急田園都市線の池尻大橋駅から徒歩5分程となっています。

首都高を沿いに歩いていくだけになるので初めて行かれる場合でも迷わずに行けそうですよね。

おすすめ観測場所③|夢の島公園(江東区 夢の島)

続いておすすめなのは東京都江東区にある夢の島公園です!

都内の東側にあるため千葉県からの行かれる方もアクセスしやすくなっています。

 

また周囲に高いビルがないので目線が遮られることがなくゆったりと観測を楽しむことが出来ます!

とにかく敷地が広いので人混みが苦手という方にもおすすめですね。

住所は

「東京都江東区夢の島」です。


アクセスとしては有楽町線・りんかい線の新木場駅から徒歩2分程と近いため、電車で行くのが便利かもしれませんね。

また車で行かれる場合は公園に駐車場が2箇所併設されています。

料金は

【普通車】

2時間まで300円
以後60分毎に100円

となっています。5千円札と1万円札は利用できないので注意が必要ですね。

 

屋外ばかりでご紹介してきましたが、季節がら寒いのが苦手という方に屋内でのおすすめ場所をご紹介します。

ふたご座流星群おすすめ観測場所④|東京スカイツリー天望デッキ

観光スポットとしても人気の東京スカイツリーの展望台です。

高所から遮るものが無いため、かなり見晴らしよく観測することが出来るのではないでしょうか?

よるのスカイツリーからの眺めはこんな感じになります。

スカイツリーへのアクセスですが、電車で行くのが便利かと思います。

東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」または半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」からすぐとなっています。

 

なお天望デッキの料金ですが以下の通りです。

画像引用元:http://tokyo-skytree.jp

大人の当日券で1人あたり2,060円となります。

 

ただ注意事項としてスカイツリー展望台の場合入場時間の制限があります。

天望デッキへの最終入場時間は21時となっていますので、時間だけは注意してください。

また営業時間自体も22時までです。

 

最後に少しトリッキーではありますが、おすすめ場所をご紹介します。

スポンサーリンク

ふたご座流星群おすすめ観測場所⑤|六本木ヒルズ スカイデッキ

六本木ヒルズのスカイデッキにてふたご座流星群の観測会が開催されます。

概要としては以下の通りです。

名称:ふたご座流星群観望会
日程:2018年12月14日(金)
時間:19:00~22:00 ※最終入場は21:30
場所:六本木ヒルズ森タワー屋上 東京シティビュー・スカイデッキ
参加費:無料 ※ただし、東京シティビュー スカイデッキまでの入場料(一般2,300円)が必要
参加方法:時間内に「スカイデッキ」へおでかけください。
※荒天時は中止。
▼交通アクセス・最寄り駅
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口直結
・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3番出口から徒歩4分
・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7番出口から徒歩5分

https://event-checker.blog.so-net.ne.jpより引用

ちょうどピークとなる14日の夜に開催されますので、期待感が高まりますよね!

場所も六本木ヒルズとなっていますし、金曜日の夜ですので、ふたご座流星群を観測したあとにはおしゃれにディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

個人的には家族で行くなら「砧公園」で、デートでいくなら「六本木ヒルズ」のプランが一番おすすめですね!

六本木ヒルズは抜群のアクセスですし、イベント形式になっているので誘いやすいのもポイントが高いですね。

 

気になった場所があったらぜひ行かれてみてはいかがでしょうか!?

まとめ

ふたご座流星群(2018)東京で観測したい方に向けて情報をご紹介しました。

 

  • 観測時間のピークは14日(金)21時ごろ
  • 方角は東の空を中心としつつも全方位で観測可能
  • デートで行くなら六本木ヒルズのイベントがおすすめ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket