M-1グランプリ2018決勝戦の1回目のネタでジャルジャルが披露したネタが話題となっています!

昨年のピンポンパンゲームに引き続き、ジャルジャル節が炸裂!

審査員の立川志らくさんは99点をつける高評価となっています。

どんなネタだったんでしょうか?

 

【M-1関連記事】

スポンサーリンク

【M-1】ジャルジャルの国名分けっこゲームが面白いと話題!

M-1ラストイヤーとなったジャルジャル。

昨年に引き続きいかにもジャルジャルというネタをぶっこんできました!

 

「国名分けっこゲーム」といって国名を分けて交互に言い合うというゲームをネタの中で展開していくといった漫才になっています。

 

例えばインドネシアであれば、福徳さんが「イン」と言ったら後藤さんが「ドネシア」。

アルゼンチンであれば、福徳さんが「アル」と言ったら後藤さんが「ゼンチン」。

 

といった具合に二人で国名を完成させるといったある意味簡単なゲームとなっています。

昨年のM-1で披露したピンポンパンゲームのように凄まじいテンポと繰り返し繰り返し登場する

「ドネシア」

「ゼンチン」

といった聞き慣れないワードがツボにはまってしまう審査員や視聴者が続出しています。

こんな感じです↓

https://twitter.com/assuussa/status/1069184234793840640

くせになりますよねw

【M-1】ジャルジャルのゼンチン&ドネシアがウケる!ネットでの評価は?

ジャルジャルのネタに対するネット上での感想を一部ご紹介します。

https://twitter.com/Cr6516kJlAA9AqU/status/1069194045522534400

https://twitter.com/noum1225/status/1069194595781603329

こういったツボにはまるようなネタはジャルジャルの専売特許といった具合ですよねw

中高生中心に流行りそうな気もします。

 

短時間で展開できるというのも今っぽいですし、いい意味で芸歴の長さを感じさせずに本当に凄いですよね!

スポンサーリンク

【M-1】ジャルジャルのネタ動画は!?

気になるM-1ジャルジャルのネタ動画はこちらで確認出来ました。

ジャルジャルのネタは本当に完成度が高いですね!

ここまで単純なネタにもかかわらず面白く出来すのはジャルジャルくらいではないでしょうか?

ラストイヤー頑張って欲しいですね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

【M-1関連記事】

スポンサーリンク
Pocket