やさしそうな笑顔の裏で色々と工作を働いていたんでしょうか?

 

中山恭子参議院議員が代表を務めていた「日本のこころ」

日本のこころを解党する前日。同党に交付された政党交付金の2億円を新設された「経綸の会」に資金を移動していました。

 

法的には違法ではないとされつつも道義上どうなのか?と賛否両論巻き起こっています。

今回は中山恭子参議院議員について掘り下げてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

中山恭子参議院議員のプロフィール!

  • 名前:中山恭子(なかやま きょうこ)
  • 生年月日:1940年1月26日
  • 年齢:78歳
  • 出身地:東京府(現 東京都渋谷区)
  • 大学:東京大学文学部仏文学科 卒業、東京大学法学部 中退
  • 政党:希望の党

東京生まれですが、小学校は両親の実家近くの「北海道上川郡 東川小学校」に入学しています。

戦火が激しさを増す中で地方に疎開していたのかもしれませんね。

その後、群馬県に移住して群馬県伊勢崎市立南小学校に入学し伊勢崎市立南中学校を卒業後、高校は群馬県の名門校である

「前橋女子高等学校」に進学されています。

 

その後、東京大学文学部仏文学科に入学し、卒業後は1年間研究生活の後外務省に入省しています。

戦後間もないころなので、女性も現在より社会進出が難しかった時代かと思いますが、華々しい経歴を持っていますよね。

 

さらに外務省が肌に合わなかったのでしょうか?

外務省を辞めて再び東京大学 法学部に入学しています。

 

一度社会人となった後にまた東京大学に入学するなんて頭良すぎですよね。

東大法学部在学中の1965年に国家公務員採用上級甲種試験(経済職)に合格し、翌年東大法学部を中退し大蔵省(現 財務省)に入省します。

 

このキャリアチェンジですが、現在からしてもかなり凄い経歴となっていますが、当時女性でここまでやる方はほとんどいなかったのではないでしょうか?

 

なお1993年9月に大蔵省を退官していますが、大蔵省に在職中に、女性として初めて税関支署長、本省課長、財務局長、審議官といった要職を務めています。

 

男社会とも言える官僚の中でもパワハラ気質で閉鎖的な印象の強い財務省で出世していくのは並大抵のことではないかと思います。同僚である男性の大蔵官僚からの嫉妬なども凄かったのではないでしょうか?

大蔵省退官後の活動は?

View this post on Instagram

寝癖? #日本のこころ #中山恭子 #寝癖

A post shared by なお (@n_a_o_1020) on

大蔵省退官後は国際交流基金常務理事を経て、1999年(平成11年)7月に特命全権大使(在ウズベキスタンおよび在タジキスタン)に就任しています。

特命全権大使在任中にはキルギス日本人誘拐事件が発生しましたが、見事人質を無事に救出することもにも成功されています。

ウズベキスタン時代の経験を本として出版もしていますね。

 

 さらに2002年には拉致被害者家族担当の内閣官房参与に就任。

小泉旋風を巻き起こすことにつながった北朝鮮拉致被害者5人が帰国することに貢献をしています。

 

2007年からは直接政界で活動するため第21回参議院議員通常選挙に自民党の比例代表候補として立候補し、当選しています。

それ以降政治家として活躍しています。

2010年に自民党を離党後はさまざまな政党を渡り歩き要職を歴任しています。

自民党離党後の政党は?

政党名が変わっただけのものもありますが、自民党離党後の8年ほどの間に以下の政党を経験しています。

  • たちあがれ日本(2010年〜) ※自民党離党
  • 太陽の党(2012年〜) ※たちあがれ日本が改称
  • 日本維新の会(2012年〜) ※たちあがれ日本が維新の会と合流
  • 次世代の党(2014年〜) ※日本維新の会が分裂
  • 日本のこころを大切にする党(2015年〜) ※次世代の党が改称
  • 日本のこころ(2017年〜) ※日本のこころを大切にする党が改称
  • 希望の党(2017年〜) ※日本のこころが解党

こうしてみると目まぐるしく所属政党名がかわっていて、ついていくのが大変ですねw

なお今回問題となっている2億円は日本のこころを解凍したタイミングでの出来事となっています。

中山恭子の夫(旦那)は誰!?

中山恭子参議院議員ですが、旦那も有名人です。

といっても世間的な印象は中山恭子参議院議員のおまけ的な印象となっている感は否めないですが、、、

 

中山恭子参議院議員の夫は政治家の「中山成彬」衆議院議員です。

中山成彬のプロフィール!

  • 名前:中山成彬(なかやま なりあき)
  • 生年月日:1943年6月7日
  • 年齢:75歳
  • 出身地:宮崎県小林市
  • 高校:ラ・サール高校卒業
  • 大学:東京大学法学部卒業
  • 前職:大蔵省大臣官房企画官

中山恭子参議院議員とは大蔵省時代の同期です。

政治家としてのキャリアは中山恭子参議院議員よりも長く、1986年から政界入りをしています。

小泉内閣で文部科学大臣を務め麻生内閣では国土交通大臣にも就任する大物政治家ですね。

 

なお麻生内閣時代の国土交通大臣は問題発言連発により就任後わずか3日で辞任しています。

あまりに早すぎですよねw

まあ当時の麻生内閣は支持率がかなり酷い状況に陥っていて連日マスコミからの批判が巻き起こっていましたらね。

ちょうどよいスケープゴートになってしまったといったところでしょうか。

 

なお麻生さんは現在でも自民党の重鎮として大活躍中です。相変わらず失言は目立っていますがw

 

このスピード辞任以降自民党からは公認を得ることが出来なくなり、選挙で落選も経験しています。

2010年以降中山恭子参議院議員と同じ政党に所属し夫婦で政治活動を共に行っている状況です。

中山恭子の息子の職業は?

中山恭子衆議院議員の息子ですが、「中山隆之」さんです。

中山恭子 息子

画像引用元:https://i1.wp.com/trendy15.info/wp-content/uploads/2018/12/nakayama1.png?ssl=1

現在財務省の高級官僚として勤務しています。

 

両親と同じく東京大学法学部を卒業し、その後東京大学大学院に進学、これまた両親と同じく財務省に入省しています。

中山一家は財務省の申し子といった感じですね。

中山恭子の娘は!?

中山恭子参議院議員には息子中山隆之さんの他に3人娘さんがいるようです。

ただ娘さんに関しては現時点では情報が確認出来ませんでした。

 

年齢的にもすでに結婚されているかと思いますが、たぶんエリート男性の方と結婚しているんでしょうね。

東京大学出身者以外との結婚は認められ無さそうですw

 

これで娘さんの旦那の職業も財務省だったら、もうコントみたいな感じの家族設定ですよね。

最後に中山恭子参議院議員の2億円問題に関するネットの声をいくつかご紹介します。

https://twitter.com/Ayamasaki5/status/1068753445606191104

法律には反していないですが普段愛国といっているだけに、心情的には国庫に返納して欲しかったといったところでしょうか。

まとめ

中山恭子参議院議員についてご紹介してきました。

本人含め家族は夫や息子も東大卒という超エリート一家ですよね。

 

さらに東大を卒業後のキャリアも中山恭子参議院議員と夫と息子は同じ財務省となっています。

 

まあ今回の2億円も法的には問題ない行為なので合理的に考えれば、やってしまうのも理解出来ますが国民感情としては疑問をもたれるかたが多くなることは予想できてないかったんでしょうかね?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

【こちらもよく読まれています】

スポンサーリンク
Pocket