元総理大臣で現在の安倍政権においても財務大臣で副総理を務める麻生太郎氏。

失言の多さも目立つ大物政治家ですが、家系図が凄すぎでしたw

大学や学部も調べてみました!

 

この方の家系図もかなりすごいですね。

スポンサーリンク

麻生太郎の大学に学部は!?

麻生太郎氏の出身大学は

「学習院大学 政治経済学部」

です。

 

出身は福岡県飯塚市で小学校は父親である、故麻生太賀吉氏が麻生太郎氏のために設立した麻生塾小学校に通っています。

小学校3年生の時に上京し、学習院初等科に入学します。

 

息子のために小学校を設立してしまうなんてのっけから話のスケールがヤバいことになっています。

 

まあそれもそのはず。

麻生太郎氏は家系図が凄いことになっていました!

麻生太郎の家系図がすごい!妹信子は親王妃!

麻生太郎氏は祖父が吉田茂元総理大臣ということは広くしられています。

ただ麻生太郎氏の家系図を確認してみるとおじいちゃんが吉田茂という以外にもすごい繋がりをもっていました。

 

なんと現総理大臣の安倍首相や天皇とも親戚でした!

家系図はこちらになります。

麻生太郎 家系図 すごい

画像引用元:https://www.mag2.com

こちらを見てもわかるように義父は鈴木義幸元総理大臣で、伯母を通して安倍晋三総理親戚関係にあります。

また妹の信子さんは三笠宮寬仁親王と結婚しており皇族となっています。

 

つまり寬仁親王は麻生太郎氏の義弟ということになります。

皇族に対しても一定の影響力がありそうな気がしてしまいますよね。

 

また安倍晋三首相が麻生太郎氏を重用するのも親戚だからでしょうか!?

 

ちなみに妹信子親王妃が三笠宮寬仁親王と結婚出来たのも麻生家の家系図が明治維新の立役者でもある大久保利通とつながっていることが影響しているかと思います。

 

それにしてもこの家系図をみると皇族と近いことが総理大臣への近道か!?と思えてしまうものになっていて驚きますね。

まあ明治維新以降力を持った薩摩藩、長州藩の大物である人物の末裔によって未だに政治が行われているのかもしれませんね。

 

ただ調べてみたところ麻生太郎氏の家系図は明治維新どころか戦国時代より以前から続く超名家だったとの情報が確認出来ました!

スポンサーリンク

麻生太郎の家系図は戦国時代以前からすごい!?

麻生太郎氏に関してですが、明治維新や戦国時代時代はおろか貴族が幅を効かせた平安時代よりも前の飛鳥時代にまで遡る名家の出だったようです!

麻生百年史 〈麻生グループ〉 によると、「麻生家は今では菩提寺の川島正恩寺が消失し、過去帳なども灰に帰したためその記録も残っていないのが残念だが、同家に伝わるところによると大化の改新(六四五)で活躍した藤原鎌足の血筋を引き、藤原一族の流れをくんでいるといわれている。

wikipediaより引用

なんと学校の教科書でならう藤原鎌足が祖先だそうです!

藤原鎌足といえば「この世をば わが世とぞ思う 望月の かたることも なしと おもえば」と歌って平安時代に栄華を誇った藤原道長の先祖ですよね。

 

当時藤原家は摂政や関白として天皇家と婚姻関係を結んで政治を取り仕切ってきましたが、現在でもなんだか似たような感じになっていてちょっと驚きですよね。

最後に

麻生太郎財務大臣についてご紹介しました。

1000年以上も前から日本の中枢を牛耳っている一族の末裔だったことには驚きでしたね。

今後も続いていくんでしょうか。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

家系図と言えばこの方もかなりすごいですね。

スポンサーリンク
Pocket