名門女子大学として知られる東洋英和女学院の院長である深井智朗院長。

現役の牧師でもあり教育者でもある深井智朗院長に様々な噂があるようです。

 

深井智朗院長の経歴や噂について調べてみました!

スポンサーリンク

深井智朗牧師(東洋英和院長)の経歴!

深井智朗 経歴

画像引用元:http://www.chuko.co.jp

  • 名前:深井智朗(ふかい ともあき)
  • 生年月日:1964年12月3日
  • 年齢:57歳
  • 学歴:東京神学大学大学院修士課程終了⇛アウクスブルク大学(ドイツ)哲学・社会学部 哲学博士
  • 職業:東洋英和女学院院長

ドイツ思想史の研究者である深井智朗院長。

東京神学大学大学院修士課程終了後1992年からドイツに留学し、1996年にはアウクスブルク大学 哲学・社会学部で哲学博士を取得。

その後帰国して国内の複数のミッション系の大学を中心に教鞭をとるとともに2006年には京都大学で文学博士にもなっています。

2016年4月から東洋英和女学院大学人間科学部教授に就任し、2017年10月に同大学院長に就任しています!

 

研究者でもありながら現役の牧師としても活動している宗教家のいち面も持ちあわせています。

そんな深井智朗院長ですが、色々と噂があるようです。

深井智朗の噂がヤバい!?

深井智朗院長ですが、色々と噂があるようです。

その中でも最近騒がれているのが研究における不正の噂です。

 

その不正の噂の内容は「著書の中で引用している神学者の論文が存在していない」といったものとなっています。

 

研究の不正行為が噂されているのは2012年に出版された著書「ヴァイマールの聖なる政治的精神――ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム」となります。

 

4ページにわたり、「カール・レーフラー」という名の神学者が書いたとされる論文「今日の神学にとってのニーチェ」に基づいて論考が展開されているが、当の論文の書誌情報は示されていなかった。

朝日新聞デジタルより引用

ということで存在しないかもしれない論文を使って論じてしまっている!?との噂となっているようですね。

ちなみに論文が確認出来ないどころかこの「カール・レーフラー」という神学者の存在も確認出来ていません。

論文が存在しないだけでなく、人物も存在しないというのが事実だとしたら、とんでもない詐称行為ですよね。

 

なおこの不正疑惑に関する指摘に関して深井智朗院長は「カール・レーフラー」の綴りの記載を誤ってしまっていた。と釈明しています。

 

著書には「Carl Loevler」として引用元が記載されていますが、実際には少し違ったとのことですね。

 

深井氏は、レーフラーのつづりが実際は「Carl Fritz L●(●はoに〈ウムラウト〉付き)ffler」だったとし、「日本語にしますとどちらもレーフラーとなってしまうためにこのような誤りが起きたのだと思います」と説明。

朝日新聞デジタルより引用

ただ、こんな釈明してしまっていいんでしょうか。

案の定引用したとされるドイツ語の書籍(カタログ)を確認したところ引用箇所は確認されていないという結果になっています。

 

その調査結果に対して深井智朗院長はまたまた釈明をしています。

 

改めて深井氏に問い合わせたところ、「不明と指摘された引用元の確認をとりましたが、このカタログではありませんでした。お詫(わ)びします」とメールでの回答があった。

朝日新聞デジタルより引用

この釈明、、、一体何なんでしょうかね!?

 

森友疑惑や加計疑惑の政治家や官僚の答弁を見ているかのような感覚になります。

色々と頭の回転が速いのは事実のようですが、研究者としては疑問を持たれても仕方がないような状況ではないでしょうか!?

 

この不正行為の噂だけでも結構引いてしまう感じですが、お金に関わる噂まであるともいわれているようです。

どうなんでしょうか?

スポンサーリンク

深井智朗にお金に関わる噂がある!?

深井智朗院長ですが、お金に関する噂はあるのでしょうか?

実際、ネット上では多くの人が「深井智朗院長とお金」に関して関心を持って調べているようですね。

どういった噂なのか色々と確認をしてみたのですが、現時点ではお金にまつわるような噂は確認が出来ませんでした。

 

ちなみに深井智朗院長の年収はどれくらいなのでしょうか?

数多くの著書を出版していて有名大学のトップを務めているので結構なお金持ちではあるかと思います。

調べてみたところ、東洋英和女学院大学の教授の年収に関してはこのような情報が確認出来ました。

深井智朗 お金

画像引用元:給料.com

2016年に就任した人間科学部の教授の平均が1,280万円(2007年時点で)となっているので、院長まで務めている深井智朗牧師は平均よりは断然多い年収となっているはずです。

年収2,000万円以上はもらってそうですよね。

 

お金に関する噂確認出来ませんでしたが、お金持ちであることは間違い無さそうですね!

最後に

東洋英和女学院大学の深井智朗院長についてご紹介してきました。

ドイツに留学していて京都大学文学博士も取得しているかなりのエリートですね。

 

ドイツ思想史の研究者でありながら現役で牧師も務めているというとこもかなり凄いですよね。

ただ研究内容に関する不正の噂に関しては、しっかりとした回答が必要になってくるのではないかと思います。

 

お金に関する噂は現時点では確認出来ませんでしたが、研究への不正行為が事実だと判明した場合には思いもよらぬところからお金に関する噂が出てくることありえないとは言い切れないかもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket