まさかの告白に多くの方が驚きの声を上げています。

格闘家として有名な山本KID徳郁さんが現在癌と戦っているとインスタグラムで公表さました。

 

まだ41歳と若く突然の癌告白に病状がどうなのか心配ですよね。

スポンサーリンク

山本KID徳郁のプロフィール

  • 名前:山本KID徳郁(やまもと きっど のりふみ)
  • 愛称:神の子、KID
  • 生年月日:1977年3月15日
  • 年齢:41歳
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 血液型:B型

1977年生まれで41歳の山本KID徳郁さん。

最近も新たな格闘団体「KRAZY LEAGUE」を立ち上げて精力的に活動されていると思われた矢先なだけに、突然の癌告白には驚きを禁じえません。

山本KID徳郁さんといえば強烈な打撃力と圧倒的なスピードが持ち味で試合開始直後にKOした試合もありましたよね!

癌との闘病を公表されましたが、癌は不治の病というわけではないです。

山本KID徳郁さん程の精神力があれば必ず乗り越えれると思います。

ただ41歳という年齢での癌発症と病状に関して詳細を語っていないこともあり、病状を心配する声もあがっています。

実際の病状はどうなのか調べてみました。

山本KID徳郁の余命宣告は!?

山本KID徳郁さんですが、8月26日にご自身のインスタグラム現在癌と闘病中であることを公表されています。

端的に語られていてその病状がどんな状況にあるのかはうかがい知ることは出来ません。

これまでガン闘病を公表された芸能人の方は数多くいますが、詳しい病状について公表しているかたはあまりいないので、とくに違和感を感じることはなさそうです。

 

ただ極初期であれば、手術後に「実はガンを発症していて、手術で無事回復しました」といったようなコメントを挙げられる方も多くなっています。

 

そんなところからすると極初期といった感じではないような気もしてきて心配になります。

若いだけにステージⅣだと厳しいのでは!?

といった意見も多くありますしより心配になりますよね。

 

ただ、極初期のステージⅠではなくともさらに40代と若い状態でも完治する可能性は十分あると思います。

 

実際に40代でかガンのステージⅣから見事帰還された格闘家の方もいらっしゃいますよね!

竹原慎二現在は激やせの膀胱がんステージ4から生還!病院や治療法は?

 

竹原慎二さんは余命1年の宣告を受けていたのですが、現在では見事復帰を果たされています!

竹原慎二さんが癌とわかったのも42歳のころですし、若いから癌は助からない。

ということは必ずしも事実ではないといえます!

山本KID 徳郁さんも、もしかしたら竹原慎二さん同様に余命1年と宣告されているかもしれません。

ただ竹原さん同様に不屈の魂をお持ちだと思いますし、ご家族のサポートもあると思いますので、

なんとか癌との戦いに打ち勝って欲しいと思います!

山本KID 徳郁の癌の種類(部位)はどこ?

MGM a.k.a magome

Kid Yamamoto originalさん(@kid_yamamoto)がシェアした投稿 –

山本KID 徳郁さんのガンの部位ですが、明らかにはされていません。

40代くらいの若年層の男性に多いガンは

  • 胃ガン
  • 大腸ガン
  • 肝臓ガン

といった消化器系のガンが多いようです。

 

山本KID徳郁さんもこれらのいずれかなのでしょうか?

 

なお一方で山本KID徳郁さんが体に入れているタ◯ゥーの量が多いことから肝臓の疾患を心配する声が上がっていました。

https://twitter.com/yusuke_k0209/status/1033726323628244997

確かにかなり多く入っていますね。

確かに体に絵を入れる際に

「針からウィルスに感染してB型・C型肝炎になる」

ということは過去には多かったみたいです。

肝炎なった場合はガンになるリスクはかなり高くなるようです。

まあ最近では不衛生な状態でやっている事はあまりないと思います。

 

ましてや山本KID徳郁さんは格闘家で体が資本の方です。

わざわざ不衛生な環境でやるとは思えません。

 

ですので肝炎から肝臓がんという可能性は低そうです。

 

ただタ◯ゥーは肝臓にはあまり良くないとうことは、よく言われていることではあります。

肝臓は毒物や異物を排除する働きのある臓器で、タ◯ゥーを異物を判断した肝臓が働き続けて負担となっている。

とのことのようですね。

実際どれだけ影響があるのかはわからないですが、

もしそれが原因だったとしても山本KID徳郁さんなら乗り越えてくると思いたいです!

最後に

ガンとの闘病を告白した山本KID徳郁さん。

今はしっかりと治療に専念して、この戦いに打ち勝って欲しいと思います!

 

なおステージ4から見事帰還された竹原慎二さんは治療の際に

「食事」「運動」「笑う」

といったことを意識していたそうです!

治療の様子はご自身の著書で語られています!

また竹原慎二さんの本はどの先生と治療にあたるかという事が本当に大切だという事も改めて教えてくれています!

山本KID徳郁さんもご自身の納得のいく治療法で真摯に寄り添って闘病生活に臨んでくれるような名医と一緒に闘病されていることを願いたいと思います!

早く元気な姿を見せてください!

スポンサーリンク

 

 

Pocket