今年のドラフト候補で

即戦力として大注目だった

パナソニック所属の吉川峻平投手!

 

進路は日本プロ野球ではプレイせずに

直接メジャーに挑戦することを

表明しました!

 

日本人でいきなりメジャーに挑戦するのは

田沢純一投手(LAエンゼルス)以来

2人目という極めて異例の判断となっています!

 

今回の記事では

大きなチャレンジを決意した

吉川峻平投手について

スポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

吉川峻平投手のwiki風プロフィール!

吉川峻平 wiki プロフ 出身 中学 高校 大学 進路 ドラフト

画像引用元:http://www.japan-baseball.jp/

  • 名前:吉川峻平(よしかわ しゅんぺい)
  • 生年月日:1995年1月24日
  • 年齢:23歳
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 身長:185cm
  • 体重:80kg

大阪出身で1995年1月生まれの

吉川峻平投手!

 

同級生のプロ野球選手には

2刀流で日本のみならずアメリカでも

話題となっているエンゼルスの大谷翔平投手や

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手がいますね!

 

そんな大谷翔平投手の影響も

少なからずあると思いますが、

吉川峻平投手がメジャー行きの意向を表明しました!

 

夢に向かって頑張って欲しいですよね!

吉川峻平投手の出身中学に高校大学は?

吉川峻平投手のこれまでの経歴を調べてみました。

 

野球との出会いは

「吹田市立佐竹台小学校 」

在学中の7歳の頃です!

 

近所にいた3兄弟の後を追うように

「佐竹台ストロングアロー」

に所属して軟式野球を始めています!

 

中学校はそのまま地元の公立中学である

「吹田市立高野台中学校」

に進学!

 

野球チームは「千里山ボーイズ」に所属して

内野手(セカンド)でプレイしていました!

 

その後高校は大阪の伝統校

「関西大学北陽高等学校」

に進学しています!

 

1年生のころから

ピッチャーをやるよう進められていましたが

「プレシャーがかかるのが嫌」

との理由で断っていたそうです。

 

2年生の夏までは

内野手としてプレイしていましたが、

その秋に監督から投手に

なるよう指示され

投手へコンバートしています!

 

その後ドラフト候補にもなる投手ですが、

ピッチャーを始めた頃は意外にも

かなり自信が無い感じだったんですね。

 

ちなみに高校時代は残念ながら

甲子園出場の夢は果たせませんでした。

 

ただ主将として

チームを引っ張って行く

良い経験をつめたそうです!

 

大学は付属大学である

「関西大学」

に進学しています!

 

ただ指定校推薦の枠を得ることが出来ずに

関西大学野球部のレン酒に志願して参加していた

状況だったようです。

 

当時の関西大学の監督は吉川峻平投手を

受け入れることににあまり乗り気じゃなかったようですね。

 

大学に進学できないという危機を救ったのは

たまたま居合わせた日本生命の元監督早瀬万豊さんでした!

 

早瀬万豊さんが吉川峻平投手の事は

「絶対獲っとけ」

と推してくれていたそうです!

 

ちなみに吉川投手が2年生の時には

早瀬さんが関大の監督に就任しています!

 

大学時代ではかなり苦労をして

3年生の春まで登板も無い状況でした。

 

4年生で先発の2番手として活躍!

日本代表にも選出されています!

 

ただ、大学時代までの吉川投手は

正直プロで通用するほどのレベルとは

言い切れない状態だったようですね。

吉川峻平投手がパナソニックで大活躍!

パナソニックに入社してから

メキメキと実力をつけてきた吉川峻平投手!

 

大学時代を知る友人などからは

パナソニックに入社して数ヶ月での吉川峻平投手の

変わりように驚きを隠せなかったそうです!

もともと決め球である

シンカーは評価の高いものでしたが

パナソニックに入社してから

ストレートの勢いが目に見えて増していき

MAX148キロを計測するまでになっています!

スポンサーリンク

吉川峻平投手の進路はメジャー!ネットでの評価は?

メジャー行きを表明した

吉川峻平投手!

 

ネット上での評価をいくつかご紹介したいと思います。

https://twitter.com/shibu2017hgc/status/1029877252631089154

驚きの声が多く聞かれましたが、

やっぱり夢への挑戦は応援したくなりますよね!

最後に

メジャー行きを表明した

ドラフト候補の吉川峻平投手について

ご紹介してきました!

 

いきなりメジャーは

ハードルが高く

難しいところも多いかと思いますが、

ぜひ夢に向かって頑張って欲しいですよね!

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket