山口県周防大島町で

行方不明となっていた

2歳の男の子藤本理稀ちゃんを

発見した尾畠春夫さん!

 

災害ボランティアとして

全国各地を巡っては人助けをされている

という何とも素晴らしい人物でした!

 

今回の記事では

尾畠春夫さんについて

スポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

尾畠春夫の経歴にwiki風プロフィール!

  • 名前:尾畠春夫(おばた はるお)
  • 生年月日:1939年10月12日
  • 年齢:78歳(記事執筆時)
  • 出身地:大分県
  • 座右の銘:朝は必ず来るよ

行方不明となっていた

藤本理稀ちゃんを発見・救出したのは

大分県出身でボランティアとして

捜索に参加されていた

「尾畠春夫」さんでした!

ご自身も齢78歳と年齢だけで言えば

後期高齢者の部類となり、この猛暑の中で

捜索活動をするのはかなり厳しい状況かと思います。

【追記8/20】

コメントにもいただきましたので

生年月日の出典をご紹介すると

テレビ番組(とくダネ!)にて

「1939年10月12日」と案内されています。

ボクシング連盟の山根明元会長と

全く同じ生年月日なのは驚きですよね。

 

「とくダネ!」の生年月日のソースについては

確認出来ませんでしたが、

「とくダネ!」には尾畠さんは

生出演されていたのでこの生年月日は

ご本人と確認したものだと思われます。

【ここまで】

 

その様な状況においても

報道で行方不明となっている

藤本理稀ちゃんの事を知り、

なんとかして助けたい!

との思いから捜索ボランティアとして

山口県の行方不明となった現場に出向いたそうです!

 

ちなみに2年前に大分県佐伯市で

2歳の女の子が行方不明になった時も

捜索ボランティアとして

参加されていたようですね!

 

発見されたのは別の方だったそうですが、

その時の経験から

子供は山を下るというこはなく上る傾向にある

とうことを認識されていたようで、

今回の発見につながったようですね!

それにしても

この体力や行動力といったバイタリティは

いったいどこから来るものなのでしょうか?

 

詳しい経歴などを調べてみたところ

とてつもなく素晴らしい方だということがわかりました!

 

優しさに満ちた笑顔をうかべる

尾畠春夫さんですが、

どんな職業で活躍されていたのでしょうか?

尾畠春夫の職業は!?

尾畠春夫さんですが、

65歳まで大分県別府市にて

魚春という「鮮魚店」を営んでいたそうです!

 

なお建設関係の仕事をしていた

との情報もありますが、

鮮魚店を営む前に

3年間東京でとび職として働いていたことがあるそうです。

 

【追記8/17】

ちなみに尾畠さんは小学校のころから農家に働きに出ていて

中学を卒業後は鮮魚店で雇われて働き始めたそうです。

雇われていた鮮魚店をやめた後

東京でとび職として働いていて

その後大分県別府市で魚春を開業したとのことです!

【ここまで】

 

町の魚屋さんとして活躍されていたころも

元気いっぱいのやさしい笑顔でお客さんに

活きの良い魚を売っている姿が

目に浮かびそうですよね!

 

ちなみに

ボランティアを鮮魚店を

営んでいたことからやってきており

その経験はなんと20年以上とのことです!

鮮魚店を引退した後は

「残りの人生を社会にお返ししたい」

との思いから全国各地を

車で寝泊まりしながら回る

ボランティア活動に励むようになられています!

 

そんなこともあって

職業はボランティアと言えるほどの

活躍を見せていますね!

 

若いボランティアの間では

「師匠」と呼ばれていたそうです!

 

これまでも本当に数多くの

被災地に出かけボランティア活動をされています。

  • 東日本大震災
  • 熊本地震
  • 西日本豪雨

といった大きな災害の

ボランティアは当然ながらも

その他さまざまな災害ボランティアとして

参加されています!

今回の捜索ボランティアに参加した時も

広島県でのボランティア活動を終えて

一時帰宅したばかりだったそうです!

 

それにしても凄まじい

バイタリティですよね!

 

魚屋さんと言えば一般的な

サラリーマンや役所で働く方よりは

体力が必要となる仕事のような気がしますが

78歳にもなってボランティアで被災地に

出かける事を積極的に行うほどの

体力を養えるとは思えせん。

 

もちろん人のことが好きでなければ

対面で仕事をする鮮魚店の

仕事は出来ないかと思いますが、

その体力の源が気になりますよね!

 

調べてみたところ

どうやら尾畠春夫さんは

趣味で登山をやっていたようです!

 

また毎日8キロランニングして

体力をつけているそうです!

 

なお鮮魚店を引退した後は

一人徒歩で本州を周回する

お遍路の旅に出て見事達成されています!

尾畠春夫の住所は?

尾畠春夫さんは大分県の

中部に位置する

大分県速見郡日出町(ひじまち)に住んでいます!

 

地元ではかなり有名な方のようで

過去には日出町の広報誌の紙面を

飾ったこともあります!

尾畠春夫 職業 住所 経歴 結婚 嫁 子供

画像引用元:https://www.town.hiji.lg.jp/

ちなみに日出町出身の有名人としては

プロサッカー選手の

岸田兄弟(和人選手、翔平選手)や

プロ野球選手の小石博孝選手などがいますね!

スポンサーリンク

尾畠春夫は結婚してる!?家族(嫁・子供)は?

尾畠春夫さんですが、

年齢からすれば結婚されていても

不思議ではないかと思います。

 

いいお父さんやおじいちゃんとして

家族からも慕われていそうですよね。

 

ただ調べてみたのですが、

結婚されているかどうかも含め

情報が確認出来ませんでした。

 

まあ日本全国を飛び回って

ボランティア活動をされているところからすると

奥さんがいる場合

奥さんも元気で健康な方ではないかと思います!

 

またお子さんもそれぞれ独立されて

立派に育っているのではないでしょうか!?

 

今後情報が確認出来ましたら

ご紹介したいと思います。

【追記】

テレビ番組にて尾畠さんの

ご自宅が紹介されていたのですが、

現在はどうやらひとり暮らしのようです。

 

また仏壇に遺影が飾られていたのですが

お母さんの遺影だとのことでした。

もしかしたら結婚はされていないのかもしれませんね。

 

ただ日本縦断のお遍路に出ていた際

ゴールに到達したときに

「孫から花をもらったのがうれしい」

といったコメントをされてていました。

 

ですので結婚して子供や孫がいると思われます!

ただ残念ながら家族に関する情報はほとんど確認出来ませんでした。

【追記8/18】

尾畠さんですが、

結婚されていたことが確認出来ました!

 

子供は長男(48歳)と長女(45歳)で

2人いるとのことです!

 

さらにお孫さんは

孫娘が1人に男の子のお孫さんが4人いらっしゃるとのこと!

 

息子さんは近くに住んでいるようで

お弁当を用意してくれているそうです!

 

ちなみに奥さんは

5年前に用事があるといって出ていったっきり

帰っていないそうです。

 

奥さんに関しては少し気になる状況ですが、

ご家族にも恵まれていて良かったです。

最後に

山口県周防大島町で行方不明に

なっていた2歳男児(藤本理稀ちゃん)を

発見した捜索ボランティア

「尾畠春夫」さんについてご紹介してきました!

 

日本全国を飛び回っている

プロボランティアで本当に

素晴らしい方ですよね!

 

一部では行方不明事態に関与している!?

との噂があるようですが、

酷いデマではないでしょうか。。。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク
Pocket