文芸評論家で

早稲田大学文学学術院の

渡部直己(なおみ)教授。

 

元大学院の

女性に対するセクハラやパワハラを

行ったとして解任されました。

 

スポーツ界のみならず

文学界でもセクハラやパワハラは

横行しているのでしょうかね?

 

まったくもって残念なニュースです。

 

今回の記事では

渡部直己元早稲田大学教授について

どんな人物なのか深掘りするとともに

家族(嫁子供)に関しても調べてみました!

スポンサーリンク

渡部直己元早稲田大学教授の略歴(顔写真)

  • 名前:渡部直己(わたべ なおみ)
  • 生年月日:1952年2月26日
  • 年齢:66歳
  • 出身地:東京都
  • 住所:東京都練馬区
  • 高校:東京学芸大学附属高等学校卒業
  • 大学:早稲田大学第一文学部卒業
  • 大学院:早稲田大学大学院修士課程(フランス現代文学)終了
  • 好きな人物:谷崎潤一郎、蓮實重彦、中上健次、江川卓、青木淳悟
  • 嫌いな人物:村上春樹、アグネス・チャン

父親は第18代統合幕僚会議議長

である渡部敬太郎氏です。

 

東京学芸大学附属高校を卒業し

早稲田大学第一文学部に進学しています。

 

1976年に早稲田大学大学院修士課程を修了。

博士課程への進級試験に落第し、

横浜の高校でフランス語を教えていました。

 

80年代に入り

日本ジャーナリスト専門学校文芸創作科で

講師を務めたり、

「早稲田文学」や「朝日ジャーナル」にて

数多くの文学論文を発表しています。

 

1997年には

近畿大学文芸学部教授に就任し

教鞭も取るようになります。

 

その後は

「早稲田文学新人賞」

の選考員なども歴任し

2008年4月から

早稲田大学文化構想学部の文芸学科文芸・ジャーナリズム論系で

教鞭をとっていました。

渡部直己は左翼!?

渡部直己さんが大学受験をしたころは

60年安保闘争を経て

まだまだ学生運動が盛んだった頃ですよね。

 

そんな事もあってか

渡部直己さんは左翼!?

との噂があるようです。

 

政治的な思想としては

どのようなものだったのでしょうか?

 

渡部直己元早大教授ですが

お父さんが第18代統合幕僚会議議長を

務めていたのでどちらかと言えば

保守的な家庭に生まれ育っていたかと思います。

 

ただ両親からの教育に対して

素直に染まる方もいれば逆に反発する方もいますよね。

 

渡部直己さんの場合は

どちらかと言えば後者だったようです。

 

というのも渡部直己さんの

過去(1993年12月出版)の著書である

「それでも作家になりたい人のためのブックガイド」

にて渡部直己さんは自分自身のことについて

絓秀実さんに感化されて「新左翼」になった

というような事を語っています。

 

絓秀実さんは

コーネル大学客員研究員や

コロンビア大学客員研究員

日本ジャーナリスト専門学校専任講師

を務めた方です。

 

思想的には左翼的な思想をもっていて

1978年にサンリオ出版部に入社していながらも

組合闘争が過激だったため

同年10月に解雇されたという経歴を持つ方です。

 

会社を解雇されるほど

熱心な組合員というところからして

けっこうどっぷり左翼的な思想に

ハマっていたと思われますね。

 

そんな人物から感化されたとありますので

渡部直己さんも左翼的な思考傾向にあったと思われます。

 

ネット上でも

この様な意見が見られました。

スポンサーリンク

渡部直己は結婚してる?家族(嫁子供)は?

渡部直己さんですが、

年齢的には結婚してて当たり前とも

思える感じですがどうなのでしょうか?

 

調べてみたのですが、

結婚に関して公になっている

情報があまり確認出来ませんでした。

 

こちらは引き続き調査してみたいと思います。

最後に

セクハラやパワハラで

解任された元早稲田大学教授の

渡部直己さん。

 

スポーツ界だけでなく

文学界でもこの様なことが

あるというのはかなり残念ですよね。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

Pocket