気象庁が

「一つの災害として認識している」

とまで発言するほどの

異常な暑さが続く2018年7月。

 

そんな中、

台風12号のたまごが発生しており、

米軍による最新の進路予想では

「日本列島に直撃する!?」

といった予想になっているようです。

 

しかも直撃が予想されているのは

関東地方のようです。

 

今回の記事では

気になる台風12号(2018)の

最新進路について

米軍予想や気象庁の予想について

調査してみました!

スポンサーリンク

台風12号(2018)のたまごが発生!

7月24日現在

日本の南に位置するフィリピン東方沖で

熱帯低気圧が発生しています。

台風12号 たまご 2018

画像引用元:twitter

気象庁によると24日の朝の時点で

台風12号のたまごである

熱帯低気圧のスペックは以下の通りです。

  • 中心気圧は1002ヘクトパスカル
  • 中心付近の最大風速15メートル
  • 最大瞬間風速23メートル

すでに結構やばめの強さを

誇っていますよね、、、

 

さらに現在

この猛暑により上昇した

海水温から発生する水蒸気により

熱帯低気圧はぐんぐん成長していっているようです。

 

今後台風12号となると予想されています。

 

進路が気になりますよね。

台風12号(2018)の米軍最新予想進路がヤバい!?

この台風12号ですが、

米軍が発表した予想進路がヤバいことに

なっていると話題となっています。

 

ちなみに7月であれば

台風が仮に発生したとしても

日本列島に上陸することはあまりなく、

直接的な被害は少なくなっていますよね。

 

ただ今回の台風12号は

米軍の進路予想によると

「日本列島に上陸し東京を直撃する」

という予想になっています。

 

その米軍による進路予想図が

こちらです。

台風12号 2018 たまご 米軍 進路予想

画像引用元:JTWC

こんな進路めったに見たこと無いですが、

こんな感じで直撃なんてあり得るのでしょうか!?

 

ちなみにこの米軍(JTWC)の予想だと

東京に直撃するのは

7月29日の日曜日とのことです。

 

2018年は隅田川花火大会が

7月28日予定(雨天の場合29日延期)

なのでギリギリ開催出来るかもしれませんが

台風は上陸前から雨を降らす事が

多いので天気には気をつける必要がありそうですね。

スポンサーリンク

台風12号(2018)気象庁の進路予想は?

7月24日現在の

気象庁の予想はどうなでしょうか?

 

気象庁の情報を確認してみたところ

現時点ではまだ台風12号とはなっておらず

台風12号のたまごは「熱帯低気圧a」

と呼ばれています。

 

進路予想についても

具体的な進路を示しての予想とまでは

至っていませんね。

25日にも台風12号となる見込みのようです。

 

ちなみに関東に直撃は

しないという予想もあるようです。

https://twitter.com/NaomiYunChannel/status/1021762413509541888

引き続き情報をチェックしていきたいと思います。

台風12号(2018)たまごに対するネットでの反応

土日なので

プライベート関連の予定を

入れている方が目立ちましたね。

 

平日だと仕事に出勤するのが

辛いですが土日にこられても

予定が狂いますよね。

 

この時期に台風なんて予想してないだけに

勘弁してほしいですよね。

まとめ

24日の時点で

フィリピン東方沖で熱帯低気圧が発生。

 

勢力を増してきているようで

台風12号となる見込みです。

 

米軍の進路予想では

29日(日)に関東地方に直撃する

という危険な予想となっています。

 

気象庁の進路予想は

まだ明らかになっていないため

引き続き情報をチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク
Pocket