第159回芥川・直木賞の

選考会にて38歳の高橋弘希さんが

4回目のノミネートで

見事芥川賞を受賞されました!

 

高橋弘希さんですが、

その風貌からのロックっぽい

雰囲気が感じられますが、

案の定ロックバンドをやっていたそうです!

 

バンド名は何のでしょうか?

どんな音楽だったのかも気になりますよね!

 

今回の記事では

「送り火」で芥川賞を受賞された

高橋弘希さんについてご紹介します。

 

直木賞は心の闇を抱えた

女子大生による実父刺殺事件を描いた

「ファースト・ラブ」を書いた島本理生さんでした!

島本理生ファーストラブのあらすじネタバレ!おすすめ作品3選!【直木賞作家】

スポンサーリンク

高橋弘希のプロフィール

  • 名前:高橋弘希(たかはし ひろき)
  • 生年月日:1979年12月8日
  • 年齢:38歳
  • 出身地:青森県十和田市

1979年生まれの38歳です。

子供の頃から本が好きで

書いた作文が学校の先生から

褒められたりしていたそうです。

 

また芥川龍之介の小説も

読んでいたようです。

 

青森県十和田市出身とのことですが、

お母さんの地元が十和田市だったようで、

出生したのが十和田市ということのようですね。

 

ちなみにお父さんの出身は

青森県黒石市となっていて

今回芥川賞を受賞した

「送り火」

の舞台となっているのも

黒石市です。

高橋弘希さんも

地元と呼べるのは黒石市のほうかもしれませんね!

高橋弘希の出身高校は?

高橋弘希さんの出身高校について

調べてみたのですが、

高校がどこだったのか残念ながら

確認が出来ませんでした。

ちなみにお父さんの地元である

黒石市には

  • 青森県立黒石高校
  • 青森県立黒石商業高校

の2校があります。

 

一方で出身地とされている

十和田市には

  • 青森県立三本木高等学校
  • 青森県立三本木農業高等学校
  • 青森県立十和田工業高校
  • 青森県立十和田西高校

と4校あります。

 

ちなみに高橋弘希さんは

大学に進学しているようですね!

 

そのあたりから考えると

進学される生徒が多い

高校出身だったのではないかと思われます。

 

各高校の偏差値を確認してみたところ

大学への進学実績が目立つ高校は

「青森県立三本木高等学校(偏差値59)」

となっています。

 

出身地とされる十和田市にある

高校ですのでこの

三本木高等学校

が高橋弘希さんの出身高校かもしれませんね!

はっきりとした情報が

確認出来ましたら

ご紹介したいと思います!

高橋弘希の出身大学は?

高校を卒業した後ですが、

1年間の浪人生活を経て

「文教大学 文学部」

に進学されています!

 

文教大学は埼玉県越谷市に

本部ある大学となっています。

 

大学時代ですが、

授業がつまらなくて

バイトやバンド活動に

精を出していたようですw

 

そのためか大学4年生に

進級することが出来ずに

1年間休学をされています。

 

その時に小説執筆活動にも

励まれていたようですね!

 

ただよくありがちな感じで

大学を中退してそのまま作家を目指した

というわけではなく、

大学はしっかり卒業されていますね!

 

作家デビューされたのち

卒業生として文教大学で講演会をされています!

高橋弘希の経歴(芥川賞受賞への道のり)

高橋弘希さんですが、

大学卒業後は予備校の講師として

働きながら小説を書いていたようです。

 

副業としての

小説家ということで

かなり苦労もされたのではないでしょうか!?

 

実際小説家のデビューまで

10年程かかっています。

 

ただ小説家デビュー後は

凄まじい勢いで

ヒット作を書き上げていっています。

 

芥川賞にも見事受賞した

今回で4回めのノミネートとなっています。

 

小説家デビュー後の作品の

受賞歴は以下のとおりですね。

「指の骨」で、第46回新潮新人賞受賞。
「指の骨」で、第152回芥川龍之介賞候補。
『指の骨』で、第28回三島由紀夫賞候補。
「朝顔の日」で、第153回芥川龍之介賞候補。
「短冊流し」で、第155回芥川龍之介賞候補。
『スイミングスクール』で、第30回三島由紀夫賞候補。
『日曜日の人々(サンデー・ピープル)で第39回野間文芸新人賞受賞、第31回三島由紀夫賞候補。
「送り火」で、第159回芥川龍之介賞受賞。

wikipediaより引用

なお高橋弘希さんですが、

大学時代からバンドマンとしても

活躍されていたそうです!

 

確かに見た目もロック好きっぽい

風貌ですよね。

 

どんなバンドだったのでしょうか?

スポンサーリンク

高橋弘希のバンド名は!?

高橋弘希さんのバンドですが、

ジャンルはオルタナティブ・ロック

だったようです。

 

結構激しい感じの音楽ジャンルですね。

 

高橋弘希さんの

年齢や見た目からすると

「ブランキー・ジェット・シティ」

とか好きそうな感じがしますね。

 

こちらの顔画像は

ブランキー・ジェット・シティの

ボーカル浅井健一さんに少し似てる気がします。

↑こちらが高橋弘希さんで

↓こちらがブランキー・ジェット・シティの浅井健一さん

なおCDも出すほど精力的に

活動をされていたようなので

バンド名が気になりますよね!

 

調べてみたのですが、

残念ながら現時点では確認が出来ませんでした。

 

ちなみに神聖かまってちゃんと親交があるようですね。

好きなバンドはSyrup16gという情報もありました。

 

このあたりから考えると

高橋弘希さんのバンドは

明るいポップな音楽というより

少し影を感じるような

ロック・バンドだったんでしょうね!

 

ちなみにバンドでは

作詞作曲とボーカルに加えて

ピアノも担当されていたとのことです!

最後に

4度目のノミネートで

見事芥川賞を受賞された

高橋弘希さんについて

ご紹介してきました!

 

かなり多才な方で

予備校講師、バンドマン、小説家という

3つもの顔をもった方で

今後の活躍も期待出来そうですよね!

 

直木賞は心の闇を抱えた

女子大生による実父刺殺事件を描いた

「ファースト・ラブ」を書いた島本理生さんでした!

島本理生ファーストラブのあらすじネタバレ!おすすめ作品3選!【直木賞作家】

スポンサーリンク
Pocket